「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

何とも腹立たしいことですが、山形県の最上小国川ダム本体工事の入札公告が行われました。

◆最上小国川ダム本体工事 公告(山形県)
( 山形放送 2014/11/18 21:42)
http://news24.jp/nnn/news8875864.html

提案は18日から受け付け、提案業者による入札は来年2月に行われる。

最上小国川ダムは、最上町赤倉地区の治水対策を目的に計画され、堤の高さが41メートル、長さが143メートル、体積およそ4万立方メートルの通常は水を貯めない穴あき型ダムだ。

県は18日、本体工事の入札を公告した。

参加に当たっては河川環境への影響を懸念する地元漁協との協議の経過を踏まえ、▼水質汚濁の抑制や▼工事の効果的な広報など7項目の技術提案を義務付け、提案書を1か月間受け付ける。

その後の提案業者による入札は価格と技術提案を総合的に評価する落札方式で来年1月29日から2月2日まで受け付け、2月3日に開札する。

ダム計画をめぐっては、先月、地元の小国川漁協が漁業補償を求めずに建設を認める覚書を県と締結した。

【2014/11/20 00:23】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック