「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                     嶋津 暉之

八ッ場ダム予定地では現国道の3.6km区間が11月18日正午から廃止されることになっています。
しかし、住民にとって生活道路になっている現国道の廃道化は毎日の生活に関わる重大な問題です。
昨日、地元住民への説明会が行われましたが、住民の方々は怒り心頭です。その記事をお送りします。

◆住民と行政、主張平行線 八ッ場ダム工事 廃止めぐり説明会
(東京新聞群馬版 2014年11月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20141115/CK2014111502000160.html

 八ッ場(やんば)ダム(長野原町)の本体工事を進めるため、水没予定地を通る国道145号の一部区間が十八日正午、管理する県によって廃止される。

水没予定地の地元住民の生活を支えてきた道路だ。今も移転せずに残る一部住民は「住民の交通手段を奪う」と反発。住民は十四日、町内で国、県の担当者との説明会に臨んだが、双方の主張は平行線のままだ。 (伊藤弘喜)

 通行止めとなるのは、廃止となった旧JR川原湯温泉駅前を通る国道145号の長野原町林から同町川原畑までの三・六キロ。

 今年八月、145号沿いで暮らす町民四人が存続を求める要望書を大沢正明県知事に提出。国土交通省八ッ場ダム工事事務所が十月二十日に町議会や水没する五地区住民に廃止を説明したが、納得がいかない町民二人が今月四日、県に説明を求めていた。

 この日の説明会には国や県の担当者計八人、町民三人と町議一人が出席。町民たちは国道の廃止で「車で新国道に出るのに遠回りになり負担が増える」「迂回(うかい)路の安全対策は不十分」と訴えた。

 しかし、県の担当者は「廃道は既に周知し、関係住民にはおおむね了解を得られた」と主張。廃道後も職員立ち会いのもとでなら通行を許すとしたが、今後、廃止区間は、本体工事のための大型車両が頻繁に通るようになる。

 遠回りで生じるガソリン代の補償を求める意見も出たが、「負担できる方法はない」と国の担当者。

 ただ、ある町民が、廃道区間の一部の土地を所有していると明かし、「今後は通らないで」と求めると、県担当者が「知らなかった」と驚く場面もあった。

 「八ッ場ダムで町はズタズタ。その中でこの対応はあんまりだ」。町民から嘆きが漏れた。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開



追記を閉じる▲

 今年八月、145号沿いで暮らす町民四人が存続を求める要望書を大沢正明県知事に提出。国土交通省八ッ場ダム工事事務所が十月二十日に町議会や水没する五地区住民に廃止を説明したが、納得がいかない町民二人が今月四日、県に説明を求めていた。

 この日の説明会には国や県の担当者計八人、町民三人と町議一人が出席。町民たちは国道の廃止で「車で新国道に出るのに遠回りになり負担が増える」「迂回(うかい)路の安全対策は不十分」と訴えた。

 しかし、県の担当者は「廃道は既に周知し、関係住民にはおおむね了解を得られた」と主張。廃道後も職員立ち会いのもとでなら通行を許すとしたが、今後、廃止区間は、本体工事のための大型車両が頻繁に通るようになる。

 遠回りで生じるガソリン代の補償を求める意見も出たが、「負担できる方法はない」と国の担当者。

 ただ、ある町民が、廃道区間の一部の土地を所有していると明かし、「今後は通らないで」と求めると、県担当者が「知らなかった」と驚く場面もあった。

 「八ッ場ダムで町はズタズタ。その中でこの対応はあんまりだ」。町民から嘆きが漏れた。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開


【2014/11/15 23:50】 | ブログの記事紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック