「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

10月25日、南摩ダム(思川開発)の予定地でダム建設の市民団体が自然観察会が開きました。
なお、思川開発の検証は2012年6月29日に検証検討会の幹事会が開かれた後、ストップしたままになっています。

栃木県が思川開発への参加の条件を満たしていない(厚生労働省の認可を受けた水道用水供給事業が存在しない)ことが問題になっているのもしれません。


◆ダム予定地で多様な生物確認 鹿沼 市民団体が自然観察会
(東京新聞栃木版 2014年10月26日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20141026/CK2014102602000139.html

 独立行政法人水資源機構が建設主体の「南摩(なんま)ダム」(鹿沼市)の建設予定地で二十五日、市民団体が主催する自然観察会があった。参加者二十人は野鳥やチョウ、川の生き物を探索し、周辺の自然の豊かさを確かめた。

 ダム建設に反対する四つの団体が年に二回開いており、十八回目。参加者は遠くの山々を眺めながら、双眼鏡で野鳥を観察。オオタカの仲間のツミや、キツツキの一種のコゲラ、カケスなどを見つけた。

 近くを流れる川では、川底の石を持ち上げてサワガニやカジカ、カワゲラなどを確認した。宇都宮市の主婦葛谷(くずや)理子さん(73)は「水がきれいなところにいる生物が見つかった」。チョウに関する著作がある夫の健さん(82)は、キチョウやヤマトシジミなどを瓶に捕獲し「温暖化で栃木にいるチョウも変わってきている」と生態系の変化を解説した。

 観察会の主催団体の一つ「思川(おもいがわ)開発事業を考える流域の会」の伊藤武晴代表(76)は「有効性の少ない公共事業で、地域の自然がつぶされるのは望ましくない」と話した。

 南摩ダムは民主党政権時に事業見直しの対象となった。本体工事は未着工となっている。 
(後藤慎一)

【2014/10/27 01:00】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック