「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆石木ダム強制収用反対署名
(長崎新聞 2014年10月19日)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2014/10/18082546015310.shtml

 県と佐世保市が東彼川棚町に計画している石木ダム建設事業に反対する長崎市の市民団体「石木川の清流とホタルを守る市民の会」(共同代表・西中須盈さんら3人)は17日、反対地権者の土地の強制収用をしないよう求める署名活動を長崎市中心部のアーケードで行った。

 同会の会員と反対地権者ら約15人が参加。「ダム反対」のゼッケンを着け、「13世帯60人が暮らす土地を強制収用しないで」と買い物客らに呼び掛けた。
ダムの予定地に暮らす石丸穂澄さん(31)は「地元住民を見捨てないで。ホタルのシーズンに川原地区に遊びに来てください。石木ダム問題に関心を寄せてください」と訴えた。

 西中須さんは「佐世保の水は足りている。ダムが本当に必要なのか見直すべきだ。長崎は無関心の人が多いので、まずは多くの市民に知ってもらいたい」と話した。

 集まった署名は年内に中村法道知事に提出するという。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開



追記を閉じる▲
ダムの予定地に暮らす石丸穂澄さん(31)は「地元住民を見捨てないで。ホタルのシーズンに川原地区に遊びに来てください。石木ダム問題に関心を寄せてください」と訴えた。

 西中須さんは「佐世保の水は足りている。ダムが本当に必要なのか見直すべきだ。長崎は無関心の人が多いので、まずは多くの市民に知ってもらいたい」と話した。

 集まった署名は年内に中村法道知事に提出するという。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開


【2014/10/19 00:19】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック