「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

江戸川区北小岩一丁目のスーパー堤防問題について9月21日の朝日新聞が大きく取り上げています。
8月末に移転した岩井さんの苦悩を伝える記事が主な内容になっています。

予定地の住居は現在5軒で、そのうち、1軒は9月末までに移転すると聞いています。
残る4軒はこのスーパー堤防計画に対して反対の意思が強固な方々の住居ですが、直接施行(強制取り壊し)になると、住民にとってのダメージはきわめて大きく、江戸川区とぎりぎりの話し合いを続けざるを得ない状況になっています。
江戸川l区は10月末、遅くとも11月末までの全住居撤去を目論んでいるようです。
無意味な事業のために公権力により、終の棲家を奪われるのですから、住民は腸が煮えくり返る思いだと思います。

0921_2014092421564014c.jpg


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


【2014/09/24 22:00】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック