「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                    嶋津 暉之

「耶馬渓ダムの工業用水の給水先が見つからないまま、大分県が維持管理費として累計19億円を負担してきている」ことをお伝えしましたが、ダム事業費の負担金約57億円も合わせると、大分県は76億円も負担しています。
また、中津市も水道水源として一滴も使わないまま、巨額の費用だけを負担していることが明らかになりました。

◆76億円出費も30年間給水ゼロ 大分のダム、見通し甘く
(SankeiBiz 2014..9.10 17:46)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140910/mca1409101746015-n1.htm

 大分県が工業用水向けに国直轄の耶馬渓ダム(大分県中津市、1985年完成)の水の使用権を得るために、建設、維持管理費計約76億円を出費しながら、約30年の間、一度も給水していないことが10日、分かった。

県は、企業誘致が実現しなかったり、進出した企業が地下水を使ったりして需要がなかったと説明、見通しの甘さが批判されそうだ。

 このダムは、利水のほか治水や発電など多目的。大分県は工業用水として日量約5万9千トンの使用権を得るために、総事業費の約13%に当たる約57億円を負担し、その後も、維持や管理で昨年度まで計約19億円を支払った。

 しかし、完成前に中津市への進出を表明していた石油精製企業などの計画が頓挫。完成後に進出したダイハツ工業グループも地下水を使っている。県は複数の周辺自治体に、水道水向けに使用権の一部譲渡を打診したが断られたという。

◆耶馬渓ダム 中津市も給水実績なし
(読売新聞 大分版2014年09月11日) 
http://www.yomiuri.co.jp/local/oita/news/20140910-OYTNT50183.html

県が耶馬渓ダム(中津市)の建設、維持管理費を負担しながら一度も給水していない問題で、県から使用権の一部を譲り受けた中津市も、給水実績がないことがわかった。市上下水道部は「水の需要増を予想して備えたが、見込み違いだった」としている。

市や県によると、約20年前、自動車メーカーのダイハツグループの工場や商業施設の進出に伴う人口増を見込み、水道水の使用量が増えると予測。市は1996年、県に9億6900万円を支払い、日量1万トン分の使用権を譲り受ける契約を結んだ。

しかしダイハツの工場は、必要な水を地下水でまかない、人口も横ばいの状態が続いている。市には耶馬渓ダムとは別に、日量2万6500トンの水道用水の使用権がある。現在、一日の給水量は多い日でも2万トン程度で、水道水の不足は生じていない。

同部水道庶務課の久保文明課長は「20年前に立てた見通しと、現在の状況は違っている。適正な水の供給量について検証する」としている。

県は企業進出に備えるため、昨年度までに耶馬渓ダムの建設、維持管理費計76億5800万円を負担し、日量5万9000トンの工業用水の使用権を確保しているが、予想よりも誘致が進まず、一度も給水していない。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲

市や県によると、約20年前、自動車メーカーのダイハツグループの工場や商業施設の進出に伴う人口増を見込み、水道水の使用量が増えると予測。市は1996年、県に9億6900万円を支払い、日量1万トン分の使用権を譲り受ける契約を結んだ。

しかしダイハツの工場は、必要な水を地下水でまかない、人口も横ばいの状態が続いている。市には耶馬渓ダムとは別に、日量2万6500トンの水道用水の使用権がある。現在、一日の給水量は多い日でも2万トン程度で、水道水の不足は生じていない。

同部水道庶務課の久保文明課長は「20年前に立てた見通しと、現在の状況は違っている。適正な水の供給量について検証する」としている。

県は企業進出に備えるため、昨年度までに耶馬渓ダムの建設、維持管理費計76億5800万円を負担し、日量5万9000トンの工業用水の使用権を確保しているが、予想よりも誘致が進まず、一度も給水していない。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2014/09/11 22:49】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック