「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

平成27年度国土交通省予算概算要求概要が発表されました。
下記をご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_003579.html 


1.国土交通省関係予算概算要求事業費・国費総括表を見ると、

http://www.mlit.go.jp/common/001052751.pdf 

公共事業関係は事業費ベースでは平成26年度の128,220億円から、27年度の概算要求141,350億円へと、約1.3兆円、国費ベースでは、51,746億円から60,120億円へと、約0.7兆円も増えています。

公共事業の大盤振る舞いがさらに拡大していく様相を呈しています。

全体版の37頁を見ると
   ↓
http://www.mlit.go.jp/common/001052760.pdf 

○ インフラ老朽化対策等のための戦略的な維持管理・更新の推進は、前年度比1.2倍になっているとはいえ、4,400 億円にとどまっており、公共事業費全体の約7%でしかありません。

既存社会資本のメンテナンスが喫緊の課題であるにもかかわらず、相変わらず、新規の公共投資がほとんどを占めているのです。

【2014/08/30 01:13】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック