「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
現在のJR吾妻線と新しい吾妻線の写真が40枚掲載されています。

◆八ツ場ダム建設で水没するJR吾妻線
(朝日新聞ギャラリー 2014年7月10日)
http://www.asahi.com/and_M/gallery/20140710_train_yamba/?iref=andMtop_gallery

八ツ場(やんば)ダムの建設に伴い、JR吾妻線(あがつません)の一部区間の線路が、今年9月に付け替えられる。

現在の川原湯温泉駅はダムの完成によって水没し、JRで一番短いトンネルにも列車が通らなくなる。あと2カ月あまりで見納めとなる岩島―長野原草津口間の現在の姿と、建設中の吾妻線新線区間の様子を、西側から順に写真で紹介する。
吾妻線は、渋川駅(群馬県渋川市)と大前駅(群馬県嬬恋町)との55.6キロを結ぶ路線。吾妻線の列車は高崎駅から直通しており、吾妻川(あがつまがわ)の流れに沿って走る。

全区間が単線で、上野駅発着の特急列車「草津」が1日数往復走るほかは、普通列車のみが運行する。列車の本数は1時間に1本程度と少ない。

八ツ場ダムが完成すると、吾妻線の川原湯温泉(かわらゆおんせん)駅とその周辺の約6キロの線路が、ダム湖の底に沈むことに。そのため、線路を付け替えるための工事が2002年から行われている。

岩島―長野原草津口間のうちの約10.4キロが高台に移され、付け替え後の新線は大部分がトンネルとなる。現在の線路は2014年9月24日の最終列車をもって使用されなくなり、10月1日からは新線で運行される。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ


追記を閉じる▲
吾妻線は、渋川駅(群馬県渋川市)と大前駅(群馬県嬬恋町)との55.6キロを結ぶ路線。吾妻線の列車は高崎駅から直通しており、吾妻川(あがつまがわ)の流れに沿って走る。

全区間が単線で、上野駅発着の特急列車「草津」が1日数往復走るほかは、普通列車のみが運行する。列車の本数は1時間に1本程度と少ない。

八ツ場ダムが完成すると、吾妻線の川原湯温泉(かわらゆおんせん)駅とその周辺の約6キロの線路が、ダム湖の底に沈むことに。そのため、線路を付け替えるための工事が2002年から行われている。

岩島―長野原草津口間のうちの約10.4キロが高台に移され、付け替え後の新線は大部分がトンネルとなる。現在の線路は2014年9月24日の最終列車をもって使用されなくなり、10月1日からは新線で運行される。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ

【2014/07/11 00:18】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック