「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                  嶋津 暉之

朝日の記事では「新たな源泉から湯を引き、将来は元の源泉からも供給するという。」と書かれています。旧泉源からも引くことになっているようですが、岩の割れ目から湧き出ている旧泉源を送湯する技術的な目処はついたのでしょうか。
また、来年1月の「湯かけ祭り」は新王湯で行われることになりますが、川原湯神社とはかなり離れてしまったので、どういう方法が行うのでしょうか。

◆新「王湯会館」がオープン 眺望が売り
(朝日新聞2014年7月6日03時00分)
http://www.asahi.com/articles/ASG7555MBG75UHNB009.html

 八ツ場ダム建設のため6月末に閉館した川原湯温泉(長野原町)の共同浴場「王湯」を引き継ぐ「王湯会館」が5日、高台の代替地にオープンした。初日から多くの客が新しい温泉街のシンボルを訪れた。

 新たな源泉から湯を引き、男女各二つの浴室がある。将来は元の源泉からも供給するという。ダムが完成すれば、露天風呂から湖面を一望できる。伝統の奇祭「湯かけ祭り」の舞台も来年からはここに移る。

 5日は午後1時前の開館とともに、約30人がさっそく一番風呂を楽しんだ。安中市の会社員岡部吉彦さん(67)は「気持ちよかった」。元の王湯にも月1回来ていたという。「前は情緒があって良かったけど、こっちも景色が楽しめた」と話した。(井上怜)


◆高台の「王湯」開業 川原湯温泉 八ツ場ダム建設で移転
(上毛新聞2014年7月6日(日) )
http://www.jomo-news.co.jp/ns/9214045749632495/news.html

 八ツ場ダム(長野原町)の建設で水没するため、高台の代替地に移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日開業した。王湯は川原湯温泉のシンボルで、新天地での営業再開に早速大勢の人が訪れた。ほかに数軒ある旅館も順次この近くに移転する見通しだ。

 前の場所から約500メートル東南の約30メートル高い場所に移った。同温泉で約400年前から続く奇祭「湯かけ祭り」は今後、新しい王湯の前で開催される。40年以上親しまれてきた旧王湯は6月末で営業終了していた。


◆八ツ場ダムで水没の温泉、高台で再開 川原湯のシンボル「王湯」
(ⅰZa2014.7.5 18:07)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140705/lif14070518070028-n1.html

 2019年度に予定される八ツ場ダム(群馬県長野原町)完成に伴い水没するため、高台へ移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日、営業を再開した。午後1時にオープンすると、約30人が次々と浴場に向かった。

 川原湯地区の美才治章区長は式典で「民主党政権でダム工事の中止を聞き、どうなるかと心配した。気持ちよく過ごしてもらえるよう運営していきたい」とあいさつ。

 約1時間半かけて車で来たという群馬県安中市の会社員、岡部吉彦さん(67)は「前の浴場より景色が良くなった。気持ちよかった。一杯飲みたいね」と笑顔を見せた。

 王湯は川原湯温泉のシンボル。前の場所から約500メートル東南の約30メートル高い場所に移った。営業時間は午前10時~午後6時。入浴料は大人500円、子ども300円。


◆「王湯」再開 奇祭も続く 八ッ場ダム建設で移転
(東京新聞 2014年7月6日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014070602000098.html

 二〇一九年度に予定される八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)完成に伴い水没するため、高台へ移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が五日、営業を再開した。午後一時にオープンすると、約三十人が次々と浴場に向かった。

 川原湯地区の美才治章(びさいじあきら)区長は式典で「民主党政権でダム工事の中止を聞き、どうなるかと心配した。気持ちよく過ごしてもらえるよう運営していきたい」とあいさつ。約一時間半かけて車で来たという群馬県安中市の会社員岡部吉彦さん(67)は「前の浴場より景色が良くなった。気持ちよかった。一杯飲みたいね」と笑顔を見せた。

 王湯は川原湯温泉のシンボル。前の場所から約五百メートル東南の約三十メートル高い場所に移った。ほかに数軒ある旅館も順次この近くに移転する見通し。

 毎年一月、ふんどし姿の若者らが地元の繁栄や無病息災を願って湯をかけ合う「湯かけ祭り」は、新しい王湯で続けられる。

 王湯の営業時間は午前十時~午後六時。入浴料は大人五百円、子ども三百円。


◆高台で装い新たに 王湯会館再開
(読売新聞群馬版2014年07月06日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20140705-OYTNT50407.html

 八ッ場ダム(長野原町)の建設で水没する川原湯温泉の代替地に5日、新たな共同浴場「王湯会館」がオープンした。観光客らは早速、真新しい湯船につかり、目の前に広がる木々の緑を楽しんでいた。

 新しい王湯会館は、男女別の内風呂と露天風呂を備えた2階建ての和風建築。代替地の約30メートル下にある旧会館は、毎年1月に開かれる伝統の奇祭「湯かけ祭り」の会場だったが、6月末に閉館。来年1月の祭りは新会館で行われる。

 開館セレモニーで、共同浴場を管理する川原湯地区の美才治章区長(67)が「将来は、山の四季折々の変化が湖面に映し出される風景を望みながら入浴できるだろう。心安らぐくつろぎの場所になると思う」とあいさつ。美才治区長や萩原睦男町長らがテープカットして開館を祝った。

 午後1時の開館と同時に、入浴客約30人が早速、湯につかったり、2階の休憩室でくつろいだりしていた。

 富岡市の主婦下田百合子さん(60)は「古い王湯もよかったけど、こちらも露天風呂から見る景色がきれいでよかった」と話した。

 営業時間は午前10時~午後6時。大人500円、小学生以下300円


◆温泉:オープン 心安らぐ場所に 移転の川原湯「王湯」 30人、初日待ちかね /群馬
(毎日新聞群馬版 2014年07月06日)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20140706ddlk10040052000c.html

 八ッ場ダム建設に伴って水没する長野原町の川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日、移転先の代替地で営業を再開した。午後1時のオープンと同時に約30人が駆けつけ、浴場は活気にあふれた。

 新しい施設は2階建て。内湯、露天風呂が2カ所ずつあり、2階は休憩室になっている。前の場所からは、約30メートル高い場所に移った。毎年1月に行われる伝統行事「湯かけ祭り」は、来年から新しい王湯で続けられる。

 式典で川原湯区の美才治章区長(67)は「民主党政権でダム建設の中止が宣言され、どうなるのかと心配していた。心安らぐくつろぎの場所を提供したい」と話した。営業時間は、午前10時〜午後6時。入浴料は大人500円、子供300円。【角田直哉】



追記を閉じる▲

 八ツ場ダム(長野原町)の建設で水没するため、高台の代替地に移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日開業した。王湯は川原湯温泉のシンボルで、新天地での営業再開に早速大勢の人が訪れた。ほかに数軒ある旅館も順次この近くに移転する見通しだ。

 前の場所から約500メートル東南の約30メートル高い場所に移った。同温泉で約400年前から続く奇祭「湯かけ祭り」は今後、新しい王湯の前で開催される。40年以上親しまれてきた旧王湯は6月末で営業終了していた。


◆八ツ場ダムで水没の温泉、高台で再開 川原湯のシンボル「王湯」
(ⅰZa2014.7.5 18:07)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140705/lif14070518070028-n1.html

 2019年度に予定される八ツ場ダム(群馬県長野原町)完成に伴い水没するため、高台へ移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日、営業を再開した。午後1時にオープンすると、約30人が次々と浴場に向かった。

 川原湯地区の美才治章区長は式典で「民主党政権でダム工事の中止を聞き、どうなるかと心配した。気持ちよく過ごしてもらえるよう運営していきたい」とあいさつ。

 約1時間半かけて車で来たという群馬県安中市の会社員、岡部吉彦さん(67)は「前の浴場より景色が良くなった。気持ちよかった。一杯飲みたいね」と笑顔を見せた。

 王湯は川原湯温泉のシンボル。前の場所から約500メートル東南の約30メートル高い場所に移った。営業時間は午前10時~午後6時。入浴料は大人500円、子ども300円。


◆「王湯」再開 奇祭も続く 八ッ場ダム建設で移転
(東京新聞 2014年7月6日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014070602000098.html

 二〇一九年度に予定される八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)完成に伴い水没するため、高台へ移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が五日、営業を再開した。午後一時にオープンすると、約三十人が次々と浴場に向かった。

 川原湯地区の美才治章(びさいじあきら)区長は式典で「民主党政権でダム工事の中止を聞き、どうなるかと心配した。気持ちよく過ごしてもらえるよう運営していきたい」とあいさつ。約一時間半かけて車で来たという群馬県安中市の会社員岡部吉彦さん(67)は「前の浴場より景色が良くなった。気持ちよかった。一杯飲みたいね」と笑顔を見せた。

 王湯は川原湯温泉のシンボル。前の場所から約五百メートル東南の約三十メートル高い場所に移った。ほかに数軒ある旅館も順次この近くに移転する見通し。

 毎年一月、ふんどし姿の若者らが地元の繁栄や無病息災を願って湯をかけ合う「湯かけ祭り」は、新しい王湯で続けられる。

 王湯の営業時間は午前十時~午後六時。入浴料は大人五百円、子ども三百円。


◆高台で装い新たに 王湯会館再開
(読売新聞群馬版2014年07月06日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20140705-OYTNT50407.html

 八ッ場ダム(長野原町)の建設で水没する川原湯温泉の代替地に5日、新たな共同浴場「王湯会館」がオープンした。観光客らは早速、真新しい湯船につかり、目の前に広がる木々の緑を楽しんでいた。

 新しい王湯会館は、男女別の内風呂と露天風呂を備えた2階建ての和風建築。代替地の約30メートル下にある旧会館は、毎年1月に開かれる伝統の奇祭「湯かけ祭り」の会場だったが、6月末に閉館。来年1月の祭りは新会館で行われる。

 開館セレモニーで、共同浴場を管理する川原湯地区の美才治章区長(67)が「将来は、山の四季折々の変化が湖面に映し出される風景を望みながら入浴できるだろう。心安らぐくつろぎの場所になると思う」とあいさつ。美才治区長や萩原睦男町長らがテープカットして開館を祝った。

 午後1時の開館と同時に、入浴客約30人が早速、湯につかったり、2階の休憩室でくつろいだりしていた。

 富岡市の主婦下田百合子さん(60)は「古い王湯もよかったけど、こちらも露天風呂から見る景色がきれいでよかった」と話した。

 営業時間は午前10時~午後6時。大人500円、小学生以下300円


◆温泉:オープン 心安らぐ場所に 移転の川原湯「王湯」 30人、初日待ちかね /群馬
(毎日新聞群馬版 2014年07月06日)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20140706ddlk10040052000c.html

 八ッ場ダム建設に伴って水没する長野原町の川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日、移転先の代替地で営業を再開した。午後1時のオープンと同時に約30人が駆けつけ、浴場は活気にあふれた。

 新しい施設は2階建て。内湯、露天風呂が2カ所ずつあり、2階は休憩室になっている。前の場所からは、約30メートル高い場所に移った。毎年1月に行われる伝統行事「湯かけ祭り」は、来年から新しい王湯で続けられる。

 式典で川原湯区の美才治章区長(67)は「民主党政権でダム建設の中止が宣言され、どうなるのかと心配していた。心安らぐくつろぎの場所を提供したい」と話した。営業時間は、午前10時〜午後6時。入浴料は大人500円、子供300円。【角田直哉】


【2014/07/07 01:34】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック