「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆八ッ場ダム建設で移転の浴場 営業再開
(NHK2014年7月5日 16時21分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140705/t10015773101000.html

群馬県の八ッ場ダムの建設に伴い先月、営業を終えた温泉の共同浴場が新しい場所に移り、5日から営業を再開しました。

群馬県長野原町にある川原湯温泉は、源頼朝が発見したという言い伝えがあり、源泉近くの共同浴場「王湯」は、古くから地元の人や観光客に親しまれてきました。

しかし、共同浴場は八ッ場ダムの建設に伴い水没する地域にあることから、先月、営業を終えて新しい場所に移転し、5日から営業を再開しました。

新しい共同浴場は元の場所から500メートル離れた高台にあり、営業再開を祝うセレモニーでは源頼朝が温泉に入る際に自分の着物を掛けたとされる石のレプリカの除幕式などが行われました。

このあと、地元の人のほか、神奈川県や埼玉県などから訪れた人たちが早速、新しい浴場の温泉に入り、硫黄のにおいがする無色透明の泉質を楽しんでいました。

群馬県の60代の男性は、「王湯の温泉は体が温まり、泉質がよくて最高です」と話していました。川原湯温泉協会の樋田省三会長は「これまでのようにタオル片手に気軽に来ていただければと思います」と話していました。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ


追記を閉じる▲
新しい共同浴場は元の場所から500メートル離れた高台にあり、営業再開を祝うセレモニーでは源頼朝が温泉に入る際に自分の着物を掛けたとされる石のレプリカの除幕式などが行われました。

このあと、地元の人のほか、神奈川県や埼玉県などから訪れた人たちが早速、新しい浴場の温泉に入り、硫黄のにおいがする無色透明の泉質を楽しんでいました。

群馬県の60代の男性は、「王湯の温泉は体が温まり、泉質がよくて最高です」と話していました。川原湯温泉協会の樋田省三会長は「これまでのようにタオル片手に気軽に来ていただければと思います」と話していました。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ

【2014/07/06 02:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック