「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

16日に開かれた山形県と小国川漁協等の会議について朝日と毎日の記事です。

ダム受け入れに伴う漁業権の変更は総代会で特別決議事項にして2/3以上の賛成が必要ですが、その話はどこに行ってしまったのでしょうか。
県が漁協の井戸を掘削することが中心の議題になり、話がすり替わっています。

◆井戸水の枯渇対策 9月に予算提案へ
(朝日新聞山形版2014年6月17日)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1406170600002.html

〇ダム容認後初、漁協・県意見交換

県の最上小国川ダム計画について、県と小国川漁協は16日、知事に漁協が計画容認を伝えてから初めてとなる意見交換会を県庁で開いた。漁協はアユの中間育成施設の井戸水枯渇問題への緊急対策を求め、県は応じる意向を示した。県は9月議会に補正予算案を出す見通し。
意見交換会には、細谷知行副知事、漁協の高橋光明組合長、最上町の高橋重美町長、舟形町の奥山知雄町長らが出席し、ダム計画と共に示された漁協の振興策について話し合った。

高橋組合長は「どうか一日も早く解決をお願いしたい」と、井戸水枯渇問題への対策を求めた。舟形町の奥山町長もそれを後押し。細谷副知事は「早急に検討したい」と応じた。

県の幹部は対策の時期について、「6月の議会は間に合わないから、9月になる。舟形町と一緒に行う」と話し、9月の県議会に補正予算案を提出する方針を明らかにした。

舟形町の奥山町長は取材に対し「年内に井戸の採掘を始めなければ、来年の稚魚放流に影響が出る。井戸を掘るのは12月を予定している」と語った。

また、意見交換会では、今後、県、最上、舟形の両町と漁協が振興策について協定や覚書を交わすことも確認した。


◆最上小国川ダム:意見交換会 県、漁協など5者参加 /山形
(毎日新聞山形版 2014年06月17日)
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20140617ddlk06010154000c.html

 最上小国川の治水対策と内水面漁業振興を考える県と小国川漁協、舟形、最上両町、同川流域産地協議会の5者の代表が集まった意見交換会が16日、県庁で開かれた。

 漁協の高橋光明組合長は、中間育成施設で稚魚の育成に使う井戸水が減少したことや、人材育成の必要性など漁協が抱える課題を報告した。県の若松正俊農林水産部長は「できるだけスピードアップしてやりたい」と解決に向け協力的な姿勢を見せた。

 県は、建設計画を進めている穴あきダム「最上小国川ダム」の濁水や穴詰まり対策を徹底し、不安を持つ漁協組合員に説明する考えを示した。「5者で協定を交わして進めていくべきだ」という意見は今後検討する。

 意見交換会は、同漁協が今月8日、総代会でダム建設容認に方針転換したことを受けて開催。吉村美栄子知事も冒頭に顔を見せ「治水対策と内水面漁業の振興を両立させるため力を合わせて取り組もう」とあいさつした。
【安藤龍朗】


追記を閉じる▲
意見交換会には、細谷知行副知事、漁協の高橋光明組合長、最上町の高橋重美町長、舟形町の奥山知雄町長らが出席し、ダム計画と共に示された漁協の振興策について話し合った。

高橋組合長は「どうか一日も早く解決をお願いしたい」と、井戸水枯渇問題への対策を求めた。舟形町の奥山町長もそれを後押し。細谷副知事は「早急に検討したい」と応じた。

県の幹部は対策の時期について、「6月の議会は間に合わないから、9月になる。舟形町と一緒に行う」と話し、9月の県議会に補正予算案を提出する方針を明らかにした。

舟形町の奥山町長は取材に対し「年内に井戸の採掘を始めなければ、来年の稚魚放流に影響が出る。井戸を掘るのは12月を予定している」と語った。

また、意見交換会では、今後、県、最上、舟形の両町と漁協が振興策について協定や覚書を交わすことも確認した。


◆最上小国川ダム:意見交換会 県、漁協など5者参加 /山形
(毎日新聞山形版 2014年06月17日)
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20140617ddlk06010154000c.html

 最上小国川の治水対策と内水面漁業振興を考える県と小国川漁協、舟形、最上両町、同川流域産地協議会の5者の代表が集まった意見交換会が16日、県庁で開かれた。

 漁協の高橋光明組合長は、中間育成施設で稚魚の育成に使う井戸水が減少したことや、人材育成の必要性など漁協が抱える課題を報告した。県の若松正俊農林水産部長は「できるだけスピードアップしてやりたい」と解決に向け協力的な姿勢を見せた。

 県は、建設計画を進めている穴あきダム「最上小国川ダム」の濁水や穴詰まり対策を徹底し、不安を持つ漁協組合員に説明する考えを示した。「5者で協定を交わして進めていくべきだ」という意見は今後検討する。

 意見交換会は、同漁協が今月8日、総代会でダム建設容認に方針転換したことを受けて開催。吉村美栄子知事も冒頭に顔を見せ「治水対策と内水面漁業の振興を両立させるため力を合わせて取り組もう」とあいさつした。
【安藤龍朗】

【2014/06/17 22:54】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック