「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆閉鎖間近の「王湯」、ファンら名残惜しむ
(朝日新聞群馬版 2014年6月13日)
http://digital.asahi.com/articles/ASG6D4WN0G6DUHNB00H.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG6D4WN0G6DUHNB00H

 川原湯温泉(長野原町)の共同浴場「王湯」が、今月末で閉鎖される。八ツ場ダム建設で温泉街が水没するのに先駆けて取り壊すため。伝統の「湯かけ祭り」の舞台としても知られる温泉街のシンボルだけに、県内外から多くのファンが訪れ、名残を惜しんでいる。来月初め、近くの高台にオープンする「王湯会館」に歴史を引き継ぐ。

 当初は3月末に閉鎖の予定だったが、2月の大雪による会館周辺整備の遅れで延期されていた。

 温泉を運営する川原湯温泉組合によると、5月の入湯者は約2600人で昨年の3割増し。特に週末は東京など県外から訪れる人も多いという。米フロリダ州から東吾妻町に帰省中という女性(66)は「閉鎖を知って駆けつけました。子どものころ何度も通ったので寂しいですね」。

 王湯が現在の姿になったのは1967(昭和42)年。男女の内湯と露天風呂があり、小規模ながら柔らかな湯と渓谷美が人気で、県外からのリピーターも多い。休憩所は公民館としても利用され、かつてはダム反対集会も開かれた。ふんどし姿の男たちが湯をかけ合う奇祭「湯かけ祭り」の舞台にもなってきた。

 だが、ダム問題に翻弄(ほんろう)される中で住民の転出が相次ぎ、最盛期に22軒あった旅館は現在2軒だけ。三つあった共同浴場も王湯を残すだけとなっていた。建物や浴槽は取り壊すが、水没する源泉には保存工事を施し、いずれ代替施設として後を継ぐ王湯会館の浴槽にも引き込む予定という。

 王湯会館は、新たな源泉から湯をくみ上げる。鉄筋2階建て、延べ床面積335平方メートルと王湯よりも若干広い。1階が浴場、2階が畳敷きの休憩所で、ダム湖ができれば一望できるのが売りだ。湯かけ祭りも来年からここに舞台を移す。

 約2億2700万円の整備費はダムの補償金と下流都県の負担金で賄う。ただ、光熱費や清掃代、スタッフの人件費などは地元の川原湯区の負担で、美才治(びさいじ)章区長(67)は「王湯よりずっと維持費がかかる。住民みんなで知恵を絞って頑張りたい」。秋の本体工事着工や八ツ場大橋開通をにらみ、集客に力を入れる考えだ。

 王湯の閉館は30日午後6時。王湯会館のオープンは7月5日午後1時で、入浴料は500円(小学生以下300円)。問い合わせは川原湯温泉組合(0279・83・2591)へ。
(土屋弘)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ


追記を閉じる▲

 王湯が現在の姿になったのは1967(昭和42)年。男女の内湯と露天風呂があり、小規模ながら柔らかな湯と渓谷美が人気で、県外からのリピーターも多い。休憩所は公民館としても利用され、かつてはダム反対集会も開かれた。ふんどし姿の男たちが湯をかけ合う奇祭「湯かけ祭り」の舞台にもなってきた。

 だが、ダム問題に翻弄(ほんろう)される中で住民の転出が相次ぎ、最盛期に22軒あった旅館は現在2軒だけ。三つあった共同浴場も王湯を残すだけとなっていた。建物や浴槽は取り壊すが、水没する源泉には保存工事を施し、いずれ代替施設として後を継ぐ王湯会館の浴槽にも引き込む予定という。

 王湯会館は、新たな源泉から湯をくみ上げる。鉄筋2階建て、延べ床面積335平方メートルと王湯よりも若干広い。1階が浴場、2階が畳敷きの休憩所で、ダム湖ができれば一望できるのが売りだ。湯かけ祭りも来年からここに舞台を移す。

 約2億2700万円の整備費はダムの補償金と下流都県の負担金で賄う。ただ、光熱費や清掃代、スタッフの人件費などは地元の川原湯区の負担で、美才治(びさいじ)章区長(67)は「王湯よりずっと維持費がかかる。住民みんなで知恵を絞って頑張りたい」。秋の本体工事着工や八ツ場大橋開通をにらみ、集客に力を入れる考えだ。

 王湯の閉館は30日午後6時。王湯会館のオープンは7月5日午後1時で、入浴料は500円(小学生以下300円)。問い合わせは川原湯温泉組合(0279・83・2591)へ。
(土屋弘)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ

【2014/06/14 11:30】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック