「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

新潟県に続いて兵庫県が「田んぼダム」の導入に取り組んでいます。
全国的に取り組むべき有効な治水対策であると思います。

◆「田んぼダム」で豪雨被害減 県、本格導入
(読売新聞兵庫版 2014年04月16日) 
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20140415-OYTNT50404.html

大雨による洪水被害を減らそうと、県は今年度から、水田の保水機能を活用した「田んぼダム」事業を本格導入する。事業に取り組む集落約20か所を募集し、排水量を調整する木板を無償で配布する。

従来、治水事業は「雨水を河川に集めて早く流すこと」を基本にしていたが、局地的豪雨の浸水被害が拡大したため、県は2012年4月に総合治水条例を施行。雨水を地下に浸透させる工夫や、浸水時の被害軽減策にも乗り出した。

その一環として、水田の雨水をためる機能に着目。容量いっぱいまで水を蓄えることで雨水の河川への流入を遅らせ、下流部の洪水被害を減らすことができるようにする。
昨年度、赤穂市と佐用町で行った実証実験では、大雨時の排水路の水位が以前より約20センチ低下する効果を確認。県内の全ての水田で高さ10センチの雨水をためた場合、約4300万トンを貯留できるという。

今回の募集対象は、集落や水利組合単位で合意形成が図られており、稲刈り後のアンケートに協力できることが条件。排水量を調整するために、田んぼの落水口に設置する木板(必要枚数分と予備5枚)と、啓発用ののぼりを無償配布。田植え後から10月末まで設置してもらう。

県の土地改良センターなどで受け付ける。締め切りは今月30日。

問い合わせは県農地整備課農村計画班(代表078・341・7711)へ。


追記を閉じる▲
昨年度、赤穂市と佐用町で行った実証実験では、大雨時の排水路の水位が以前より約20センチ低下する効果を確認。県内の全ての水田で高さ10センチの雨水をためた場合、約4300万トンを貯留できるという。

今回の募集対象は、集落や水利組合単位で合意形成が図られており、稲刈り後のアンケートに協力できることが条件。排水量を調整するために、田んぼの落水口に設置する木板(必要枚数分と予備5枚)と、啓発用ののぼりを無償配布。田植え後から10月末まで設置してもらう。

県の土地改良センターなどで受け付ける。締め切りは今月30日。

問い合わせは県農地整備課農村計画班(代表078・341・7711)へ。

【2014/04/17 23:36】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック