「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
漁業権を人質にしたダム推進を迫る県の圧力と裏切りに自殺した小国川漁協の沼沢組合長。
この国は「国土強靭化政策」の元、住民の声に耳を傾けることなく自然を破壊し無駄な公共事業をすすめてゆくつもりのようです。

クリックで拡大します↓
最上小国川ダム問題

【2014/04/09 00:08】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック