「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

北海道では総貯水容量8720万㎥の大夕張ダムを水没させる42700万㎥の夕張シューパロダムの試験湛水が進んでいます。
ダムをつくれる場所は限られていますので、今後もこのようなダム事業が出てくるかもしれません。
岐阜県では総貯水容量7952万㎥の丸山ダムを水没させる14635万㎥の新丸山ダムの事業が進行中です。

◆ダムに沈む大夕張ダム
(読売新聞北海道版 2014年3月30日)

夕張市の夕張シューパロダムで、完成前に安全性を確認するための試験貯水が進んでいる。

ダムを管理する夕張シューパロダム総合建設事業所によると、農業用水の確保と下流域の洪水対策で夕張川上流に建設され、水位は29日時点で259・4メートル。上流の大夕張ダムの最高部まで、あと7・1メートルに迫っている。

これまで川に沿って二つのダムが並ぶ珍しい光景が見られたが、同事業所は「4月上旬には大夕張ダムは水没し、湖面から姿を消すのでは」と予想している。

【2014/04/01 23:32】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック