「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            埼玉の会、会員T

午後から荒れ模様の天気になるという予報を気にしながらも、午前中に写真展の準備を終えて総会が始まりました。
2013年度活動報告と決算報告、監査報告を受けての一括審議となり拍手で承認後、2014年度の活動方針(案)、予算(案)も承認され、新たな年度も希望を持って活動して行くことを確認して総会を終了しました。

後半の講演会には悪天候にもかかわらず、45名の方が参加されました。
新潟に生まれ、早くから柏崎刈羽原発の反対運動に関わってこられ、経済史、公害史、エネルギー・環境問題を専門分野としてこられた菅井益郎さんの講演は、足尾鉱毒事件・水俣病・原発・八ッ場ダム問題の共通点を鮮やかに浮び上がらせました。

1.講演「田中正造に学ぶ 原発・八ッ場ダム問題」

               菅井益郎・国学院大学経済学部教授
sugai.jpg

 田中正造は100年も前から「デンキ開けて、世見(ママ)暗夜となれり」と
言い、日本の文明が知のみで徳のないことを憂い、現在の日本の状況を預言していたように思える。技術の過信が公害をもたらし、これを認めない政府に立ち向かい、5回も投獄されながら、その度に思想を磨いてきた。
 正造の運動の戦略は、まず発生源を止めることを第一義とし、政治問題化することによって政治的に解決しようとした。そのために世論喚起活動に力を注ぎ、広範な支援活動を組織化した。正造の願いとは逆に、国は渡良瀬遊水池を作って鉱毒を薄める策などをとり、鉱毒問題を治水問題に摩り替えた。これは元の原発をやめないで除染に力を入れる今の国のやり方と同じである。
 正造は「公害とは公益を害すること」といい、人権を無視して「公益」はない、と考えたが、明治以降、政府は「公益」を「国益」とみなすようになった。
この人々の苦しみは足尾鉱毒事件の「永久示談」や、水俣病の「見舞金契約」の文に如実に感じられる。
 今、放射能公害で苦しむ人々のことを考えると、福島を足尾、水俣の二の舞にしないために、1戸に1億位の補償をして、住み続ける被災者も避難した被災者も健康に生きる権利を補償しないと再建の目途が立たないと思う。
人間の愚かさを感じるが、厳しい状況の中でも活動して行きたい。




2.八ッ場ダム問題の現状と今後        

               嶋津暉之さん
shimadu.jpg

これから始まろうとしているのは、仮排水トンネルの呑口直下の締め切り工事で、高さ29mの小ダムです。吾妻川の水を仮排水トンネルに流してダム本体工事を進めることになります。
本体工事が始まると、周辺の自然林は失われ、イヌワシなどの生息が困難になります。渓谷美も失われ、埼玉の下久保ダム直下の三波石峡のようになってしまいます。
工事期間もずれこみ、2020年代の中頃から後半になる可能性が充分にあり、工事費の増額も必至となります。
八ッ場ダムがもたらす損失は計り知れないが、あきらめずに活動していくことが大事です。

その後「渡良瀬遊水池をめぐる運動の経過」についても説明していただきました。


3.八ッ場ダム住民訴訟の埼玉裁判報告 

               野本夏生弁護士
nomoto.jpg

裁判の現状は厳しく、東京、千葉、茨城、栃木が敗訴、5月に群馬、4月22日に埼玉の証人尋問があります。
公金の使い方の問題で住民訴訟を起こしている所はない。
4月22日午後2時から東京高等裁判所717号法廷で行われる裁判を傍聴してください。


最後にビデオ「カヤックから見た吾妻渓谷」の映像を見た後、いくつかの質疑応答が行われました。

同時開催されたアニマル・サポート・メイトとのジョイント写真展も見ていただき、ダムによって貴重な自然が失われることは許されない、との想いを強くしました。
photo.jpg

photo2.jpg

田中正造の「あきらめない」精神に学び、これからも活動して行きましょう。 


【2014/03/31 20:52】 | 総会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック