「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

JR吾妻線付替鉄道の川原湯温泉新駅の駅舎が完成しました。
私も3月2日に現地に行きましたが、ほぼ完成していました。
問題は駅前整備がひどく遅れていることです。
駅舎の周りはぐじゃぐじゃの状態で、ほとんど手つかずになっており、駅から車に乗ることもできない状態です。
予定では今秋から、付替鉄道が開通することになっていますが、現地を見る限りではまだまだという感じがします。

◆「川原湯温泉駅」新駅舎が完成 JR吾妻線、今秋利用開始 群馬
(産経新聞 2014年3月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140322-00000065-san-l10

八ツ場ダム建設で線路の一部とともに水没するJR吾妻線「川原湯(かわらゆ)温泉駅」の新駅舎が、現在地より約80メートル高台に完成した。

移転に伴い付け替えられる線路(岩島-長野原草津口駅間、約10・4キロ)の77%はトンネル区間だ。標高590メートルの山の斜面を切り崩して建設した新駅のホームは全長約155メートルで、7両編成の上下線の列車が行き交えるようになっている。

新駅舎は鉄骨平屋建ての黒と茶色の落ち着いた外観だ。駅舎北側の壁と、改札からホームまで下りる階段の両壁は、いずれも全面ガラス張り。JR東日本高崎工事区の園田弘世区長は「ダム湖が一望できるようになりますよ」と話した。

吾妻線は今秋、新線に切り換わる予定だ。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 

【2014/03/22 16:53】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック