「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
魚影豊かな清流小国川を大切に守り、すぐれた漁業振興を実践してきた小国川漁協の沼沢組合長が亡くなられました。
山形県は最小国川ダムを造るために、漁業権の更新などで圧力をかけ続けてきました。
山形県議会の草島進一議員が弔辞をブログに掲載しておられます。
沼沢組合長が何を守ろうとしていたのか、その思いを是非お読みください。
署名へのご協力もどうぞよろしくお願いします。

◆沼沢組合長への弔辞
草島進一の「持続可能な鶴岡」日記
 http://is.gd/CZUj4P

■ネット署名「東北一の鮎釣りの清流、最上小国川にダムをつくらないで」
http://is.gd/UGcXx0
◇308.山形県小国川漁協組合長の急死
 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに - http://is.gd/B3W978

◇309.自死
 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに - http://is.gd/9LAWy1


追記を閉じる▲
◇308.山形県小国川漁協組合長の急死
 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに - http://is.gd/B3W978

◇309.自死
 晴れの日は楽しく、雨の日は静かに - http://is.gd/9LAWy1

【2014/02/14 20:17】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック