「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
八ッ場ダム住民訴訟の群馬控訴審があり、結審しました。
判決は5月14日(水)午前10時30分 835法廷です。

◆八ツ場ダム 控訴審が結審
(朝日新聞群馬版 2014年02月12日)
http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20140212100580001.html

八ツ場ダム(長野原町)への建設負担金支出差し止めを関係6都県に求めた住民訴訟で、群馬分の控訴審第3回口頭弁論が10日、東京高裁(滝沢泉裁判長)であり、原告側が最終意見陳述をして結審した。判決は5月14日。

控訴人は群馬県民16人。意見陳述で、嶋田久夫弁護士は「治水効果はなく、人口減少で水需要も減っている」、福田寿男弁護士も「一審判決後、国土交通省も再検証で約150億円の対策費として地滑りの危険性を認めた」と主張した。

県側は治水・利水両面で八ツ場ダムは必要とし、地滑りの危険性も「技術的に解決可能」と準備書面で反論している。

この住民訴訟は2004年に前橋など6地裁に提訴された。一審判決は「行政の裁量の範囲内」としてすべて原告が敗訴。控訴審も東京、千葉、栃木分で原告が敗れたが上告し、司法上の決着は最高裁に持ち越されている。
(小林誠一)


【2014/02/13 21:34】 | 裁判の報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック