「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
          嶋津 暉之

熊本県球磨川の瀬戸石ダムの水利権更新についての記事をお送りします。荒瀬ダムに続いてのダム撤去を流域住民は強く望んでいるのですが、・・・・・

◆瀬戸石ダム水利権更新 九地整「問題なし」
(読売新聞熊本版2014年1月21日 )
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20140120-OYT8T01134.htm

電源開発(本社・東京)が運営する球磨川中流の発電用ダム「瀬戸石ダム」(芦北町、球磨村)の水利権更新について、国土交通省九州地方整備局(九地整)は、知事に対する意見照会の文書で、許可する考えを示した。文書は17日付。

同ダムの水利権が3月末で切れることから同社は昨年12月、20年間の更新を九地整に申請した。河川法では、国交相は更新の判断にあたり、知事に意見聴取する必要がある。

九地整は照会文書で知事に対し「許可したいので貴職の意見を求めます」とした。許可する理由は記していないが、宮本健也河川調査官は取材に対し「更新後も取水量に変化はなく、許可しても問題ないと判断した」としている。
蒲島知事は「内容を確認し、意見をとりまとめる」というコメントを出した。

球磨川流域の市民団体でつくる「瀬戸石ダム撤去を求める連絡協議会」は20日、蒲島知事宛てに、水利権更新に反対するよう求める署名を提出した。ダム周辺の住民94人が賛同しているという。同会は「ダム湖への土砂堆積による水位上昇で水害が頻発している」などとしている。



◆瀬戸石ダム国交省が更新許可妥当の見解
(熊本放送2014年1月20日)
http://www.rkk.co.jp/news/index.php?id=NS003201401201057420111


◆市民団体が住民署名提出
(熊本放送2014年1月20日)
http://www.rkk.co.jp/news/index.php?id=NS003201401201112250111


追記を閉じる▲
蒲島知事は「内容を確認し、意見をとりまとめる」というコメントを出した。

球磨川流域の市民団体でつくる「瀬戸石ダム撤去を求める連絡協議会」は20日、蒲島知事宛てに、水利権更新に反対するよう求める署名を提出した。ダム周辺の住民94人が賛同しているという。同会は「ダム湖への土砂堆積による水位上昇で水害が頻発している」などとしている。



◆瀬戸石ダム国交省が更新許可妥当の見解
(熊本放送2014年1月20日)
http://www.rkk.co.jp/news/index.php?id=NS003201401201057420111


◆市民団体が住民署名提出
(熊本放送2014年1月20日)
http://www.rkk.co.jp/news/index.php?id=NS003201401201112250111

【2014/01/24 02:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック