「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
1月20日「ダム検証のあり方を問う科学者の会」が山形県知事に対して最上小国川ダム計画に関する意見書を提出しました。
朝日新聞、読売新聞、山形新聞、河北新報で報道されました。

どうぞ最上小国川ダム反対で頑張っている小国川漁協を支援するネット署名にご協力下さい。
  ↓
◇東北一の鮎釣りの清流、最上小国川にダムをつくらないで!
Change.org - http://is.gd/UGcXx0


◆山形・小国川ダム計画 見直し求めて知事に意見書
(河北新報 2014年01月21日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140121t51007.htm

山形県が最上町に計画する最上小国川ダム建設に関し、大学教授らでつくる「ダム検証のあり方を問う科学者の会」が20日、計画の抜本的な見直しを求める意見書を吉村美栄子知事に提出した。

意見書は、県がダムを洪水時以外は川をせき止めない「流水型」(穴あきダム)とし、環境や漁業への配慮を強調している点に対し「穴あきダムでも魚の生態に影響が出る。治水対策としても問題がある」と指摘した。

【2014/01/22 01:34】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック