「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆八ツ場ダムで水没、最後の湯かけ祭り 400年続く奇祭
(朝日新聞2014年1月20日)
http://www.asahi.com/articles/ASG1K3V28G1KUHNB11B.html

 国が今秋の本体着工をめざす八ツ場(やんば)ダムの水没予定地、群馬県長野原町の川原湯温泉で大寒の20日、伝統の「湯かけ祭り」があった。温泉の恵みに感謝し、ふんどし姿の男たちが湯をかけ合う奇祭。400年余りの歴史があるが、ダム建設で温泉街自体が移転を迫られ、現在地では最後となる。

 午前5時半すぎ、山あいにある共同浴場「王湯」の気温は零下8度。総大将の合図で、紅白に分かれた約60人が一斉に「お祝いだ」と叫び、源泉からくんだ湯を何度もかけ合い、湯気と熱気に包まれた。かけ声は一度途絶えた温泉が再び湧き出し、「お湯湧いた」と喜び合った故事にちなむ。
(一部引用)


◆湯かけ:今年で「最後」 八ッ場ダム予定地、川原湯温泉
(毎日新聞 2014年01月20日)
http://mainichi.jp/select/news/20140120k0000e040190000c.html
 群馬県長野原町の八ッ場ダム完成後に水没予定の川原湯温泉で20日、下帯姿の男たちが無病息災を祈って湯をかけ合う伝統の「湯かけ祭り」があった。ダムの本体工事が今秋着工される見通しで、来年の祭りは高台の代替地に会場を移す方針。現会場での開催は最後となった。

 川原湯温泉協会によると、祭りは約400年前に温泉の湧出(ゆうしゅつ)が止まった際に住民が鶏を奉納、再び「お湯湧いた」と喜んだのを「お祝いだ」と転じ、湯をかけ合ったのが始まりとされる。
(一部引用)


◆ダム水没の前 最後の湯かけ 群馬 川原湯温泉で祭り
(東京新聞 2014年1月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012002000224.html

 群馬県長野原町の川原湯温泉で二十日、「湯かけ祭り」が開かれ、ふんどし姿の男たちが無病息災を祈願して威勢良く湯をかけ合った。会場の共同浴場「王湯」は、二〇一九年度に完成予定の八ッ場ダム建設で水没するため、今年が移転前最後の開催となった。

 午前六時ごろ、気温が氷点下八度まで冷え込む中、中学生から五十代まで約六十人の男衆が「お祝いだ」と叫び、あちこちで湯気としぶきが上がった。最後にくす玉を割って中から飛び出した四羽のニワトリを奪い合い、熱気は最高潮に達した。
(一部引用)


◆最後の熱気…伝統の奇祭「湯かけ祭り」 八ッ場ダムで水没、川原湯温泉
(読売新聞 2014年1月20日 )
http://www.yomiuri.co.jp/otona/tripnews/03/gunma/20140120-OYT8T00683.htm

 氷点下8度の寒さの中、紅白に分かれたふんどし姿の男性約60人が「お祝いだ」と叫びながら共同浴場の湯をおけで豪快にかけ合い、地域の繁栄や無病息災を祈った。

 祭りは約400年前、温泉がかれた際、住民が祈願して再び湧き出したことを喜び、湯をかけ合ったのが始まりとされる。掛け声は「お湯湧いた」から転じた。
(一部引用)


◆八ッ場ダム建設で地元最後の湯かけ祭り
〔NHK 2014年1月20日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140120/t10014612871000.html

群馬県の八ッ場ダムを建設するため、温泉旅館などの移転が進められている群馬県長野原町の川原湯温泉の温泉街で、最後の「湯かけ祭り」が行われました。

川原湯温泉の「湯かけ祭り」は、およそ400年前に温泉が枯れたため、神社にニワトリを奉納したところ、再びお湯が沸き出しお湯をかけ合って喜んだのが始まりとされています。
会場の共同浴場の前では、早朝から氷点下8度の厳しい冷え込みのなかで神事が行われたあと、下帯姿の住民などおよそ60人が威勢のよいかけ声を響かせ、お湯をかけ合いました。
そして最後に高さ4メートルほどの場所につるされた紅白2つのくす玉めがけてお湯をかけ、中から飛び出したニワトリをつかまえて祭壇に奉納しました。
(一部引用)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
 群馬県長野原町の八ッ場ダム完成後に水没予定の川原湯温泉で20日、下帯姿の男たちが無病息災を祈って湯をかけ合う伝統の「湯かけ祭り」があった。ダムの本体工事が今秋着工される見通しで、来年の祭りは高台の代替地に会場を移す方針。現会場での開催は最後となった。

 川原湯温泉協会によると、祭りは約400年前に温泉の湧出(ゆうしゅつ)が止まった際に住民が鶏を奉納、再び「お湯湧いた」と喜んだのを「お祝いだ」と転じ、湯をかけ合ったのが始まりとされる。
(一部引用)


◆ダム水没の前 最後の湯かけ 群馬 川原湯温泉で祭り
(東京新聞 2014年1月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012002000224.html

 群馬県長野原町の川原湯温泉で二十日、「湯かけ祭り」が開かれ、ふんどし姿の男たちが無病息災を祈願して威勢良く湯をかけ合った。会場の共同浴場「王湯」は、二〇一九年度に完成予定の八ッ場ダム建設で水没するため、今年が移転前最後の開催となった。

 午前六時ごろ、気温が氷点下八度まで冷え込む中、中学生から五十代まで約六十人の男衆が「お祝いだ」と叫び、あちこちで湯気としぶきが上がった。最後にくす玉を割って中から飛び出した四羽のニワトリを奪い合い、熱気は最高潮に達した。
(一部引用)


◆最後の熱気…伝統の奇祭「湯かけ祭り」 八ッ場ダムで水没、川原湯温泉
(読売新聞 2014年1月20日 )
http://www.yomiuri.co.jp/otona/tripnews/03/gunma/20140120-OYT8T00683.htm

 氷点下8度の寒さの中、紅白に分かれたふんどし姿の男性約60人が「お祝いだ」と叫びながら共同浴場の湯をおけで豪快にかけ合い、地域の繁栄や無病息災を祈った。

 祭りは約400年前、温泉がかれた際、住民が祈願して再び湧き出したことを喜び、湯をかけ合ったのが始まりとされる。掛け声は「お湯湧いた」から転じた。
(一部引用)


◆八ッ場ダム建設で地元最後の湯かけ祭り
〔NHK 2014年1月20日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140120/t10014612871000.html

群馬県の八ッ場ダムを建設するため、温泉旅館などの移転が進められている群馬県長野原町の川原湯温泉の温泉街で、最後の「湯かけ祭り」が行われました。

川原湯温泉の「湯かけ祭り」は、およそ400年前に温泉が枯れたため、神社にニワトリを奉納したところ、再びお湯が沸き出しお湯をかけ合って喜んだのが始まりとされています。
会場の共同浴場の前では、早朝から氷点下8度の厳しい冷え込みのなかで神事が行われたあと、下帯姿の住民などおよそ60人が威勢のよいかけ声を響かせ、お湯をかけ合いました。
そして最後に高さ4メートルほどの場所につるされた紅白2つのくす玉めがけてお湯をかけ、中から飛び出したニワトリをつかまえて祭壇に奉納しました。
(一部引用)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2014/01/21 00:53】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック