「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆市民農園の応募順調 八ツ場ダム生活再建事業 長野原、あす内覧会
〔上毛新聞 2014年1月20日) 
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1413901442072587/news.html

八ツ場ダム生活再建事業の一環で、長野原町が川原畑地区の代替地に4月に開園する滞在型市民農園「クラインガルテンやんば」の応募が順調だ。

すでに募集する10区画を超える12件の申し込みがあり、19日の内覧会では参加した人がその場で申し込むケースもあった。募集は24日までで、21日にも内覧会が開かれる。
各区画に菜園と宿泊棟を備える。内覧会では完成した建物内部が初めて公開され、この日は埼玉や千葉、東京などから訪れた7組が熱心に見学した。

風呂場や台所、収納スペースを確認したり、ペレットストーブの使い方や燃料費などを職員に質問。「ゆったりした造りでいい」などと話し満足そうに眺めたり、写真を撮っていた。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
各区画に菜園と宿泊棟を備える。内覧会では完成した建物内部が初めて公開され、この日は埼玉や千葉、東京などから訪れた7組が熱心に見学した。

風呂場や台所、収納スペースを確認したり、ペレットストーブの使い方や燃料費などを職員に質問。「ゆったりした造りでいい」などと話し満足そうに眺めたり、写真を撮っていた。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2014/01/21 00:41】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック