「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
八ツ場ダム建設に伴う移転で、今の共同浴場「王湯」での湯かけ祭りは今年が最後になります。
そのことを記念して絵馬が販売されます。

◆群馬)川原湯温泉「最後」の湯かけ記念に絵馬
(朝日新聞 2014年1月12日)
http://is.gd/TGIYUQ

長野原町の川原湯温泉で20日にある奇祭「湯かけ祭り」を前に、地元住民が会場の共同浴場「王湯」を描いた絵馬を作った。

八ツ場ダム建設に伴う移転で、今の王湯での祭りは今年が最後。「この姿を記憶にとどめて」と12日から一般販売する。祭りは今年も大寒(20日)の午前5時開始。ふんどし姿の60人が紅白に分かれて湯をかけ合い、温泉の恵みに感謝する。

湯かけ祭り実行委員会の豊田幹雄さん(47)によると、ヒバの木を使った絵馬の王湯は、前橋市の水彩画家、塩沢宗馬さんが1994年ごろ描いた。昭和40年代に今の姿になった建物の前を湯治客がそぞろ歩く。優しいタッチだ。
源頼朝が発見したと伝わり、約800年の歴史を持つ川原湯温泉。源泉「元の湯」そばの王湯は4月ごろ営業を終える。高台の移転代替地に、川原湯神社近くの新湯(あらゆ)源泉から引いた新しい共同浴場「王湯会館」が完成するからだ。

湯かけ祭りも約400年続く。絵馬作製は昨年11月に住民が集まった際、「観光客にも記念に残ることを」と声が出て決まった。通常は非売品の入浴剤「川原湯の湯」とともに800円(税込み)で、250個を旅館など8カ所で扱う。(小林誠一)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 


追記を閉じる▲
源頼朝が発見したと伝わり、約800年の歴史を持つ川原湯温泉。源泉「元の湯」そばの王湯は4月ごろ営業を終える。高台の移転代替地に、川原湯神社近くの新湯(あらゆ)源泉から引いた新しい共同浴場「王湯会館」が完成するからだ。

湯かけ祭りも約400年続く。絵馬作製は昨年11月に住民が集まった際、「観光客にも記念に残ることを」と声が出て決まった。通常は非売品の入浴剤「川原湯の湯」とともに800円(税込み)で、250個を旅館など8カ所で扱う。(小林誠一)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 

【2014/01/13 00:45】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック