「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆井の頭池 水抜き再生 水質浄化と外来魚駆除へ
(2013年12月5日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20131205-OYT8T00062.htm?from=localtop

よみがえれ、井の頭池――。水質が悪化し外来魚が増えた都立井の頭恩賜公園(三鷹市、武蔵野市)の井の頭池で、いったん池の水を抜いて、池底を天日干ししたり、外来魚を駆除したりする取り組みが始まった。「かいぼり」と呼ばれる事業で、都や地元自治体などは2017年の開園100周年に向けて、「かつてのきれいな池を取り戻したい」と話している。

事業を行うのは、都や三鷹、武蔵野両市、地元商工団体などでつくる「井の頭恩賜公園100年実行委員会」。06年の発足後、開園100周年に向けた取り組みを検討する中で、井の頭池の再生が大きなテーマとして浮上した。

都によると、井の頭池はかつて、湧水量が豊富で池底が見えるほどに澄んでいた。しかし、戦後、地下水の大量くみ上げなどが原因で湧水が枯渇。1963年から井戸水が供給されており、現在は8か所から毎日約4000トンの井戸水が送られている。
それでも、供給量は昭和初期の湧水量の5分の2程度。池水が神田川に流れ出るまでの滞留時間が長くなり、植物プランクトンが増殖して水中は緑褐色に濁っている。80年代半ばに、池底のヘドロを大部分除去したが効果は限定的だった。

また、時期は不明だが、オオクチバスやブルーギルといった外来魚が持ち込まれ、モツゴやテナガエビなどの在来種を食べてしまい、池の魚の9割を占めるほどに増えてしまったという。

今回の事業では、約4万5000平方メートルの井の頭池のうち、弁天池を除く、ボート池とお茶の水池の計約3万4000平方メートルの水を来年1月上旬から抜き、約1か月間天日干しする。池底の土壌に含まれる汚染原因の窒素が気化する効果があるという。

加えて、水位が下がったところで魚を捕獲、在来魚はいったん保護し、外来魚は駆除する。生態系を回復させるため、水草を植え付ける場所も設置する。

今月2日には、弁天池とボート池の間を鋼矢板で閉鎖する工事が始まった。

年明けから、ボート池とお茶の水池への井戸水の供給を止め、大型ポンプ5台を使って水を抜く。事業は、花見シーズンを迎える来年3月までにいったん終了するが、15、17年度にも全域で同様の事業を行う予定だ。




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
それでも、供給量は昭和初期の湧水量の5分の2程度。池水が神田川に流れ出るまでの滞留時間が長くなり、植物プランクトンが増殖して水中は緑褐色に濁っている。80年代半ばに、池底のヘドロを大部分除去したが効果は限定的だった。

また、時期は不明だが、オオクチバスやブルーギルといった外来魚が持ち込まれ、モツゴやテナガエビなどの在来種を食べてしまい、池の魚の9割を占めるほどに増えてしまったという。

今回の事業では、約4万5000平方メートルの井の頭池のうち、弁天池を除く、ボート池とお茶の水池の計約3万4000平方メートルの水を来年1月上旬から抜き、約1か月間天日干しする。池底の土壌に含まれる汚染原因の窒素が気化する効果があるという。

加えて、水位が下がったところで魚を捕獲、在来魚はいったん保護し、外来魚は駆除する。生態系を回復させるため、水草を植え付ける場所も設置する。

今月2日には、弁天池とボート池の間を鋼矢板で閉鎖する工事が始まった。

年明けから、ボート池とお茶の水池への井戸水の供給を止め、大型ポンプ5台を使って水を抜く。事業は、花見シーズンを迎える来年3月までにいったん終了するが、15、17年度にも全域で同様の事業を行う予定だ。




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2013/12/07 01:50】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |


堀口 敏道
井の頭池の貝掘り事業、子どもの頃川でも池でも良くやったが自然に対して破壊ではなかったと思っています。しかしここでは自然破壊でしょう、あるいは武蔵野台地の自然に対して人工的に抵抗しているのでしょうか、どちらにしてもこの井の頭の事業費用はいくらなのでしょうか。気になります。武蔵野線の小平駅線路隆起事故が思い出されます。そんなことを考える中、八ツ場ダムは絶対つくってはいけません。堀口記


埼玉の会
八ッ場ダムは取り返しのつかない自然の破壊になると思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
井の頭池の貝掘り事業、子どもの頃川でも池でも良くやったが自然に対して破壊ではなかったと思っています。しかしここでは自然破壊でしょう、あるいは武蔵野台地の自然に対して人工的に抵抗しているのでしょうか、どちらにしてもこの井の頭の事業費用はいくらなのでしょうか。気になります。武蔵野線の小平駅線路隆起事故が思い出されます。そんなことを考える中、八ツ場ダムは絶対つくってはいけません。堀口記
2013/12/07(Sat) 14:38 | URL  | 堀口 敏道 #-[ 編集]
八ッ場ダムは取り返しのつかない自然の破壊になると思います。
2013/12/10(Tue) 18:37 | URL  | 埼玉の会 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック