「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

諫早干潟緊急救済東京事務所&有明海漁民・市民ネットワークの陣内隆之さんの「諫早開門に関して漁民ネット顧問・錦織淳弁護士のコメント」をお読みください。
  ↓↓↓

                     平 成 25 年 11 月 13 日

  長崎地方裁所仮処分決定に対するコメント

           有 明 海 漁 民 ・ 市 民 ネ ッ ト ワ ー ク 顧 問
                           弁 護 士 錦 織 淳

 昨 日 発 令 の 仮 処 分 決 定 に お い て , 長 崎 地 方 裁 判 所 が , い か な る 形態 に せ よ , ま た い か な る 理 由 に せ よ , 諫 早 湾 排 水 門 開 放 の 差 止 を 認容 し た こ と は , 我 が 国 の 民 事 訴 訟 法 , 民 事 執 行 法 の 構 造 上 あ り 得 べか ら ざ る こ と で あ っ て , そ の 法 構 造 の 土 台 を 根 底 か ら 揺 る が し か ねな い も の で あ り , と う て い 容 認 す る こ と が 出 来 な い 。
 開 門 を 命 じ た 平 成 22 年 12 月 6 日 福 岡 高 等 裁 判 所 判 決 (以 下 ,「 前訴 」と い う )は ,周 知 の と お り ,国 が 上 告 し な か っ た こ と に よ り 既 に確 定 し た 判 決 で あ る 。

 い う ま で も な く , こ の 確 定 判 決 は 民 事 執 行 法上 の 「 債 務 名 義 」 と し て の 強 制 執 行 力 を 有 す る 。 こ の 強 制 執 行 を 排除 す る こ と が 出 来 る の は , 民 事 執 行 法 第 35 条 に 定 め る 請 求 異 議 訴訟 や 同 法 第 38 条 の 第 三 者 異 議 訴 訟 な ど 極 め て 例 外 的 な 手 続 に よ る場 合 の み で あ る 。 ま た , こ の 確 定 判 決 に 基 く 強 制 執 行 を 暫 定 的 に せよ 停 止 す る こ と が 出 来 る の は , 同 法 36 条 の 強 制 執 行 停 止 決 定 を 得
た 場 合 に 限 ら れ る 。

 し か る に , そ も そ も 本 件 仮 処 分 命 令 申 立 は , そ の よ う な 民 事 執 行法 上 許 容 さ れ た 手 続 手 段 に よ ら ず , し か も , あ ろ う こ と か 簡 易 迅 速な 手 続 で し か な い 仮 処 分 手 続 に よ っ て 確 定 判 決 の 強 制 執 行 を 真 正 面か ら , か つ 公 然 と 排 除 す る こ と を 求 め る も の で あ る 。 即 ち , 本 件 仮処 分 申 立 と は , 前 訴 確 定 判 決 に 基 き 開 門 が 実 施 さ れ れ ば , こ れ に より 本 件 仮 処 分 申 立 債 権 者 ら に 甚 大 な 被 害 が 生 ず る と し て , こ の 前 訴確 定 判 決 に 基 く 強 制 執 行 自 体 の 排 除 を 公 然 と 主 張 し て い る 。

 本 件 仮 処 分 申 立 書 は ,「 申 請 の 理 由 」冒 頭 に お い て ,前 訴 判 決 の 存在 を 掲 げ , か つ 本 件 仮 処 分 債 務 者 た る 国 が 上 告 せ ず に こ の 前 訴 判 決を 「 確 定 」 さ せ た こ と を 非 難 し て い る 。 し か し て , こ の 「 確 定 」 判決 が 「 執 行 」 さ れ 「 開 門 」 が な さ れ れ ば 本 件 仮 処 分 債 権 者 ら に 甚 大な 被 害 が 生 ず る と し て「 開 門 」の「 差 止 」を 要 求 し て い る の で あ る 。

 確 か に ,「 申 立 の 趣 旨 」 (仮 処 分 決 定 の 「 主 文 」 に 対 応 )に は , 通 常 の請 求 異 議 訴 訟 や 第 三 者 異 議 訴 訟 の 場 合 の よ う に ,
「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 許 さ な い 」と か (本 訴 の 場 合 ),「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 停 止 す る 」
「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 停 止 す る 」
と か (執 行 停 止 申 立 の 場 合 ),明 示 さ れ て い る わ け で は な い 。し か し ,「 申 請 の 理 由 を 見 れ ば ,こ れ が「 前 訴 判 決 の 強 制 執 行 の 排 除 」を 求
め て い る こ と は , 一 読 し て 明 ら か で あ る 。つ ま り , こ の 仮 処 分 申 立 は , 明 ら か に 民 事 執 行 法 の 制 約 を 潜 脱 せん と す る も の で あ っ て , 違 法 で あ る こ と が 極 め て 明 白 な 脱 法 行 為 であ る 。 こ の よ う な こ と は , と う て い 許 さ れ な い 。

 こ の よ う な 仮 処 分 が 許 さ れ る と 主 張 す る も の は , 前 訴 と 本 件 仮 処分 と で は 「 当 事 者 」 が 異 な る , つ ま り 本 件 仮 処 分 債 権 者 は 前 訴 の 当事 者 で は な い か ら 前 訴 の 確 定 判 決 の 効 力 が 及 ば な い と い う こ と を 根拠 と す る の か も し れ な い 。 し か し , こ の よ う な 形 式 論 は 全 く の 詭 弁で あ る と い う 他 は な い 。

 な ぜ な ら , こ の よ う な 確 定 判 決 の 強 制 執 行 に よ っ て 不 都 合 が 生 ずる と 主 張 す る 「 第 三 者 」 (前 訴 判 決 の 当 事 者 で な い 者 )か ら 強 制 執 行の 排 除 を 求 め て 訴 を 提 起 し た り , 執 行 停 止 を 申 立 て た り す る こ と が出 来 る の は ,前 述 し た よ う に 民 事 執 行 法 第 38 条 に 基 く 第 三 者 異 議訴 訟 に よ る 場 合 の み だ か ら で あ る 。上 記 の よ う な 形 式 論 に 組 す る もの は , 本 件 仮 処 分 申 立 の 脱 法 的 本 質 を 理 解 す る こ と の 出 来 な い も のの み で あ る 。

 ま た , 本 日 の マ ス コ ミ の 報 道 を 見 る と , 本 件 仮 処 分 決 定 と 前 訴 判決 が 矛 盾 す る も の だ と し て 困 惑 す る 旨 の 論 評 が 見 受 け ら れ る 。 確 かに 両 者 は 矛 盾 す る も の で あ る が , こ の よ う な 「 矛 盾 」 が 生 じ な い よう “ 統 一 的 な 法 秩 序 ” を 確 保 す べ く , 我 が 国 民 事 訴 訟 法 や 民 事 執 行法 は き ち ん と 整 備 さ れ て い る の で あ る 。 こ の 法 秩 序 を 無 視 し て 脱 法的 手 段 を 容 認 す る か ら こ の よ う な “ 混 乱 ” が 生 ず る の で あ る 。 ま して や , 有 明 海 は 一 つ , 諫 早 干 拓 地 も 一 つ で あ り , 諫 早 湾 干 拓 潮 受 堤防 の 北 部 お よ び 南 部 各 排 水 門 は , こ の 世 に 唯 一 つ し か な い 存 在 で あっ て , あ る 漁 業 者 と の 関 係 で は こ れ を 開 放 し , あ る 漁 業 者 と の 関 係
で は こ れ を 開 放 し な い と い う こ と は あ り え な い 。 そ の よ う な 愚 か な
こ と を し て は な ら な い本 件 仮 処 分 申 立 の 如 く , 民 事 訴 訟 法 上 の 請 求 異 議 訴 訟 や 第 三 者 異議 訴 訟 に 依 ら ず し て , 公 然 と , か つ 真 正 面 か ら 前 訴 確 定 判 決 の 強 制執 行 を 排 除 す る こ と が 許 さ れ る こ と と な れ ば , そ れ は た ち ど こ ろ に一 般 化 す る こ と と な り , か く て は 民 事 訴 訟 法 や 民 事 執 行 法 に 基 く 法秩 序 は 完 全 に 崩 壊 し て し ま う で あ ろ う 。

 実 質 的 に み て も , 本 件 仮 処 分 債 権 者 は , 前 訴 判 決 が 確 定 す る ま での 間 に ,利 害 関 係 人 と し て 前 訴 手 続 き に 参 加 (補 助 参 加 )す る こ と が容 易 に 出 来 た は ず で あ る 。 そ れ を せ ず し て , 本 件 仮 処 分 を 申 立 を なす と い う の は , 確 定 判 決 に よ っ て も た ら さ れ た 法 律 関 係 や 法 秩 序 を覆 そ う と す る も の で あ っ て , 信 義 則 違 反 な い し 権 利 濫 用 と し て 許 され な い と い う べ き で あ る 。

 い ず れ に せ よ , か か る 違 法 な 脱 法 的 仮 処 分 申 立 を 認 容 し た 長 崎 地裁 の 決 定 は , 我 が 国 民 事 訴 訟 法 , 民 事 執 行 法 の 予 定 し て い た 法 秩 序を 公 然 と 無 視 す る も の で あ り , と う て い 許 容 す る こ と が 出 来 な い 。

 か か る 仮 処 分 決 定 は 違 法 ・ 無 効 で あ る 。

 ま た , 本 件 仮 処 分 決 定 の 「 理 由 」 中 に ,「 前 訴 原 告 58 名 の 漁 業 行使 権 侵 害 の 事 実 」 に つ き , 債 務 者 た る 国 が こ れ を 主 張 し な か っ た から , こ れ を 仮 処 分 決 定 の 判 断 の 前 提 と し な か っ た 旨 述 べ て い る く だり が あ る 。 本 件 仮 処 分 決 定 は , こ の 「 事 実 」 が 「 前 訴 判 決 の 枢 要 な根 拠 」 で あ る こ と を 認 め て い る 。 つ ま り , こ の 仮 処 分 決 定 は 「 枢 要な 根 拠 た る 事 実 」 を 欠 い た ま ま な さ れ た 明 ら か な 欠 陥 判 決 で あ る 。

 「 枢 要 な 根 拠 」 を 欠 い た ま ま で 前 訴 判 決 を 覆 し て は な ら な い 。 こ れは , 民 事 訴 訟 の 処 分 権 主 義 の 完 全 な 履 き 違 え と い う 他 は な い 。

 よ っ て , 国 は 躊 躇 す る こ と な く 前 訴 判 決 を 直 ち に 「 執 行 」 す べ きで あ る 。 ま し て や , こ の よ う な “ 混 乱 ” を も た ら し た の が 国 の サ ボタ ー ジ ュ で あ る 以 上 , す み や か に こ れ を 執 行 す べ き は 理 の 当 然 で ある 。

                      以 上


追記を閉じる▲
 開 門 を 命 じ た 平 成 22 年 12 月 6 日 福 岡 高 等 裁 判 所 判 決 (以 下 ,「 前訴 」と い う )は ,周 知 の と お り ,国 が 上 告 し な か っ た こ と に よ り 既 に確 定 し た 判 決 で あ る 。

 い う ま で も な く , こ の 確 定 判 決 は 民 事 執 行 法上 の 「 債 務 名 義 」 と し て の 強 制 執 行 力 を 有 す る 。 こ の 強 制 執 行 を 排除 す る こ と が 出 来 る の は , 民 事 執 行 法 第 35 条 に 定 め る 請 求 異 議 訴訟 や 同 法 第 38 条 の 第 三 者 異 議 訴 訟 な ど 極 め て 例 外 的 な 手 続 に よ る場 合 の み で あ る 。 ま た , こ の 確 定 判 決 に 基 く 強 制 執 行 を 暫 定 的 に せよ 停 止 す る こ と が 出 来 る の は , 同 法 36 条 の 強 制 執 行 停 止 決 定 を 得
た 場 合 に 限 ら れ る 。

 し か る に , そ も そ も 本 件 仮 処 分 命 令 申 立 は , そ の よ う な 民 事 執 行法 上 許 容 さ れ た 手 続 手 段 に よ ら ず , し か も , あ ろ う こ と か 簡 易 迅 速な 手 続 で し か な い 仮 処 分 手 続 に よ っ て 確 定 判 決 の 強 制 執 行 を 真 正 面か ら , か つ 公 然 と 排 除 す る こ と を 求 め る も の で あ る 。 即 ち , 本 件 仮処 分 申 立 と は , 前 訴 確 定 判 決 に 基 き 開 門 が 実 施 さ れ れ ば , こ れ に より 本 件 仮 処 分 申 立 債 権 者 ら に 甚 大 な 被 害 が 生 ず る と し て , こ の 前 訴確 定 判 決 に 基 く 強 制 執 行 自 体 の 排 除 を 公 然 と 主 張 し て い る 。

 本 件 仮 処 分 申 立 書 は ,「 申 請 の 理 由 」冒 頭 に お い て ,前 訴 判 決 の 存在 を 掲 げ , か つ 本 件 仮 処 分 債 務 者 た る 国 が 上 告 せ ず に こ の 前 訴 判 決を 「 確 定 」 さ せ た こ と を 非 難 し て い る 。 し か し て , こ の 「 確 定 」 判決 が 「 執 行 」 さ れ 「 開 門 」 が な さ れ れ ば 本 件 仮 処 分 債 権 者 ら に 甚 大な 被 害 が 生 ず る と し て「 開 門 」の「 差 止 」を 要 求 し て い る の で あ る 。

 確 か に ,「 申 立 の 趣 旨 」 (仮 処 分 決 定 の 「 主 文 」 に 対 応 )に は , 通 常 の請 求 異 議 訴 訟 や 第 三 者 異 議 訴 訟 の 場 合 の よ う に ,
「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 許 さ な い 」と か (本 訴 の 場 合 ),「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 停 止 す る 」
「 前 訴 判 決 に 基 く 強 制 執 行 は こ れ を 停 止 す る 」
と か (執 行 停 止 申 立 の 場 合 ),明 示 さ れ て い る わ け で は な い 。し か し ,「 申 請 の 理 由 を 見 れ ば ,こ れ が「 前 訴 判 決 の 強 制 執 行 の 排 除 」を 求
め て い る こ と は , 一 読 し て 明 ら か で あ る 。つ ま り , こ の 仮 処 分 申 立 は , 明 ら か に 民 事 執 行 法 の 制 約 を 潜 脱 せん と す る も の で あ っ て , 違 法 で あ る こ と が 極 め て 明 白 な 脱 法 行 為 であ る 。 こ の よ う な こ と は , と う て い 許 さ れ な い 。

 こ の よ う な 仮 処 分 が 許 さ れ る と 主 張 す る も の は , 前 訴 と 本 件 仮 処分 と で は 「 当 事 者 」 が 異 な る , つ ま り 本 件 仮 処 分 債 権 者 は 前 訴 の 当事 者 で は な い か ら 前 訴 の 確 定 判 決 の 効 力 が 及 ば な い と い う こ と を 根拠 と す る の か も し れ な い 。 し か し , こ の よ う な 形 式 論 は 全 く の 詭 弁で あ る と い う 他 は な い 。

 な ぜ な ら , こ の よ う な 確 定 判 決 の 強 制 執 行 に よ っ て 不 都 合 が 生 ずる と 主 張 す る 「 第 三 者 」 (前 訴 判 決 の 当 事 者 で な い 者 )か ら 強 制 執 行の 排 除 を 求 め て 訴 を 提 起 し た り , 執 行 停 止 を 申 立 て た り す る こ と が出 来 る の は ,前 述 し た よ う に 民 事 執 行 法 第 38 条 に 基 く 第 三 者 異 議訴 訟 に よ る 場 合 の み だ か ら で あ る 。上 記 の よ う な 形 式 論 に 組 す る もの は , 本 件 仮 処 分 申 立 の 脱 法 的 本 質 を 理 解 す る こ と の 出 来 な い も のの み で あ る 。

 ま た , 本 日 の マ ス コ ミ の 報 道 を 見 る と , 本 件 仮 処 分 決 定 と 前 訴 判決 が 矛 盾 す る も の だ と し て 困 惑 す る 旨 の 論 評 が 見 受 け ら れ る 。 確 かに 両 者 は 矛 盾 す る も の で あ る が , こ の よ う な 「 矛 盾 」 が 生 じ な い よう “ 統 一 的 な 法 秩 序 ” を 確 保 す べ く , 我 が 国 民 事 訴 訟 法 や 民 事 執 行法 は き ち ん と 整 備 さ れ て い る の で あ る 。 こ の 法 秩 序 を 無 視 し て 脱 法的 手 段 を 容 認 す る か ら こ の よ う な “ 混 乱 ” が 生 ず る の で あ る 。 ま して や , 有 明 海 は 一 つ , 諫 早 干 拓 地 も 一 つ で あ り , 諫 早 湾 干 拓 潮 受 堤防 の 北 部 お よ び 南 部 各 排 水 門 は , こ の 世 に 唯 一 つ し か な い 存 在 で あっ て , あ る 漁 業 者 と の 関 係 で は こ れ を 開 放 し , あ る 漁 業 者 と の 関 係
で は こ れ を 開 放 し な い と い う こ と は あ り え な い 。 そ の よ う な 愚 か な
こ と を し て は な ら な い本 件 仮 処 分 申 立 の 如 く , 民 事 訴 訟 法 上 の 請 求 異 議 訴 訟 や 第 三 者 異議 訴 訟 に 依 ら ず し て , 公 然 と , か つ 真 正 面 か ら 前 訴 確 定 判 決 の 強 制執 行 を 排 除 す る こ と が 許 さ れ る こ と と な れ ば , そ れ は た ち ど こ ろ に一 般 化 す る こ と と な り , か く て は 民 事 訴 訟 法 や 民 事 執 行 法 に 基 く 法秩 序 は 完 全 に 崩 壊 し て し ま う で あ ろ う 。

 実 質 的 に み て も , 本 件 仮 処 分 債 権 者 は , 前 訴 判 決 が 確 定 す る ま での 間 に ,利 害 関 係 人 と し て 前 訴 手 続 き に 参 加 (補 助 参 加 )す る こ と が容 易 に 出 来 た は ず で あ る 。 そ れ を せ ず し て , 本 件 仮 処 分 を 申 立 を なす と い う の は , 確 定 判 決 に よ っ て も た ら さ れ た 法 律 関 係 や 法 秩 序 を覆 そ う と す る も の で あ っ て , 信 義 則 違 反 な い し 権 利 濫 用 と し て 許 され な い と い う べ き で あ る 。

 い ず れ に せ よ , か か る 違 法 な 脱 法 的 仮 処 分 申 立 を 認 容 し た 長 崎 地裁 の 決 定 は , 我 が 国 民 事 訴 訟 法 , 民 事 執 行 法 の 予 定 し て い た 法 秩 序を 公 然 と 無 視 す る も の で あ り , と う て い 許 容 す る こ と が 出 来 な い 。

 か か る 仮 処 分 決 定 は 違 法 ・ 無 効 で あ る 。

 ま た , 本 件 仮 処 分 決 定 の 「 理 由 」 中 に ,「 前 訴 原 告 58 名 の 漁 業 行使 権 侵 害 の 事 実 」 に つ き , 債 務 者 た る 国 が こ れ を 主 張 し な か っ た から , こ れ を 仮 処 分 決 定 の 判 断 の 前 提 と し な か っ た 旨 述 べ て い る く だり が あ る 。 本 件 仮 処 分 決 定 は , こ の 「 事 実 」 が 「 前 訴 判 決 の 枢 要 な根 拠 」 で あ る こ と を 認 め て い る 。 つ ま り , こ の 仮 処 分 決 定 は 「 枢 要な 根 拠 た る 事 実 」 を 欠 い た ま ま な さ れ た 明 ら か な 欠 陥 判 決 で あ る 。

 「 枢 要 な 根 拠 」 を 欠 い た ま ま で 前 訴 判 決 を 覆 し て は な ら な い 。 こ れは , 民 事 訴 訟 の 処 分 権 主 義 の 完 全 な 履 き 違 え と い う 他 は な い 。

 よ っ て , 国 は 躊 躇 す る こ と な く 前 訴 判 決 を 直 ち に 「 執 行 」 す べ きで あ る 。 ま し て や , こ の よ う な “ 混 乱 ” を も た ら し た の が 国 の サ ボタ ー ジ ュ で あ る 以 上 , す み や か に こ れ を 執 行 す べ き は 理 の 当 然 で ある 。

                      以 上

【2013/12/04 01:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック