「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
東京オリンピックのために建てられる予定の新国立競技場について、
昨2012年、新国立競技場のデザイン・コンクールが行われ、
千駄ヶ谷の駅前、神宮外苑に巨大なボリュームを持つザハ・ハディド氏
(イギリスの建築家・イラク出身)の案が最優秀作品となりました。
この新国立競技場は2020年のオリンピック・パラリンピック、
2019年のラグビーワールドカップにも使われる予定のため、
建設が急がれそうです。

東京の景観と暮らしに深くかかわるこの問題を市民の立場から論議し、
賛同の輪を広げる為に、ぜひご協力下さい。
国を挙げてのオリンピックの競技場ですから、もちろん東京都以外の方も歓迎です。

◇神宮外苑の風致・景観と新国立競技場の建設再考のお願いについて
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp

上記サイトをクリックしていただくと、
新国立競技場に疑問と要望を伝えていくことを目的としたメッセージへの
賛同人フォームが開きます。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2013/11/13 15:43】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック