「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆八ッ場の絶景 カメラに残す アマ写真家・天田さん(渋川)
(東京新聞群馬版 2013年11月2日) 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131102/CK2013110202000168.html

 八ッ場(やんば)ダム(長野原町)建設により、将来失われるかもしれない吾妻渓谷の風景を撮った写真展が、東京都台東区浅草1のギャラリー「ブレーメンハウス」で開かれている。渋川市のアマチュア写真家、天田秀樹さん(65)が貴重な記録を残そうと、約1年間、撮影した。定点で捉えた写真ならではの展示となっている。
 「最寄りの川原湯温泉駅から徒歩15分。民家のこんな近くに奇岩や幽谷の景色が広がる。素晴らしい景色が日々どう変化するか楽しみだった」。天田さんが話した。

 昨年11月4日から今年10月27日まで、ダム建設予定地から約1.5キロ下流の遊歩道から渓谷の撮影を続けた。小型デジタルカメラで角度を変えて1日2カット、1年間で100枚を撮った。これらの写真を横8.8センチ、縦25~33センチに印刷して、ギャラリーの壁一面に展示した。写真は、木々の色が季節とともに移り変わる姿を捉えており、定点撮影ならではの味わいがある。

 4日まで。正午~午後7時(最終日は午後4時まで)。無料。3日正午から、天田さんの友人のギタリスト・笠原伸一さんの独奏もある。問い合わせは、ブレーメンハウス=電03(3842)2250=へ。 
(丹治早智子)


追記を閉じる▲
 「最寄りの川原湯温泉駅から徒歩15分。民家のこんな近くに奇岩や幽谷の景色が広がる。素晴らしい景色が日々どう変化するか楽しみだった」。天田さんが話した。

 昨年11月4日から今年10月27日まで、ダム建設予定地から約1.5キロ下流の遊歩道から渓谷の撮影を続けた。小型デジタルカメラで角度を変えて1日2カット、1年間で100枚を撮った。これらの写真を横8.8センチ、縦25~33センチに印刷して、ギャラリーの壁一面に展示した。写真は、木々の色が季節とともに移り変わる姿を捉えており、定点撮影ならではの味わいがある。

 4日まで。正午~午後7時(最終日は午後4時まで)。無料。3日正午から、天田さんの友人のギタリスト・笠原伸一さんの独奏もある。問い合わせは、ブレーメンハウス=電03(3842)2250=へ。 
(丹治早智子)

【2013/11/02 23:49】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック