「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

9月25日に開かれた「霞ヶ浦導水事業の関係地方公共団体からなる検討の場」第5回幹事会の議事録が関東地方整備局のHPに掲載されました。
この幹事会では、霞ケ浦導水事業の三つの目的、新規利水の開発、渇水時の補給、霞ケ浦等の浄化のいずれも、代替案と比較すると、霞ケ浦導水事業が有利だという検討結果が報告されました。
今後はパブコメや公聴会等が行われていきますが、無意味な霞ケ浦導水事業を何とか中止させたいものです。

議事録は、
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000084737.pdf

配付資料は、
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000228.html

今までの検討の場の議事録と配布資料はをこちらご覧ください。 
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000164.html 



【2013/10/19 01:33】 | 「検討の場」幹事会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック