「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

群馬県の増田川ダムは中止の方向で検証が進められているようです。
利水要望量がどんどん減ってきて、ダム事業の必要性が薄れてきたことによるものと思われます。

◆増田川ダム 県が代替案 既設ダムの活用、貯水池軸に検討

(東京新聞群馬版 2013年10月14日) 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131014/CK2013101402000157.html

県が計画の中止を視野に入れている県営増田川ダム(安中市)の代替案について、近くの既設ダム三カ所をかさ上げする案、三ダムの水利の需要が減少した分を転用する案、流域に貯水池を造る案などを軸に検討していることが明らかになった。

県は各地のダム活用策などを調査しており、できるだけ早く代替案をまとめたい意向だ。
(菅原洋)

代替案では、計画に参画する安中市が求めている一日五千立方メートルの利水量をいかに賄うかが課題。このため、増田川流域に近く、ともに県営の霧積、坂本両ダムと、市営の中木ダムが焦点となる。

かさ上げ案は水圧の上昇に対応するため、ダム湖をせき止めるコンクリート部分を底部から最上部まで補強。さらに最上部を一定の高さまで積み上げる。

三ダムでは現在、農業生産の縮小に伴って農業用水など水利の需要が減少しており、安中市の利水量に転用する案もある。
一方、増田川に近い碓氷川流域に貯水池やため池を整備する案も検討しているが、適地を探す必要がある。

引き続き、計画通りにダムを建設する案も検討している。ただ、現行計画にある来年度の実施設計は極めて難しい状況だ。

ダム計画をめぐっては、昨年二月に県と安中市による初回の「検討の場」を開催。その際、利水の代替案としてかさ上げや貯水池などを含む十七案を提示した。

治水面の代替案でも二十六案がある。しかし、代替案の詳細な検討作業は時間がかかり、二回目を開くめどは立っていない。

「検討の場」は三回開く予定で、その後に有識者らによる県公共事業再評価委員会の審議を経て、計画の是非を最終決定する。

県河川課は「技術の実現性を探り、費用を節減できる案を検討するのに時間がかかる」と説明している。

安中市幹部は「『検討の場』の二回目を早く開いてほしい」と話している。

<増田川ダム> 1991年度、現在の安中市松井田町上増田一帯で計画の調査に着手。しかし人口の減少傾向に伴って見直しの機運が高まり、2008年度に当時参画していた富岡市が撤退表明した。

安中市は当初は1日2万4000立方メートルだった利水量を、現在は同5000立方メートルに引き下げている。総貯水容量は510万立方メートル、総事業費は382億円の見通し。財政難の中、事業費は代替案で大幅な削減が求められている。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 


追記を閉じる▲
一方、増田川に近い碓氷川流域に貯水池やため池を整備する案も検討しているが、適地を探す必要がある。

引き続き、計画通りにダムを建設する案も検討している。ただ、現行計画にある来年度の実施設計は極めて難しい状況だ。

ダム計画をめぐっては、昨年二月に県と安中市による初回の「検討の場」を開催。その際、利水の代替案としてかさ上げや貯水池などを含む十七案を提示した。

治水面の代替案でも二十六案がある。しかし、代替案の詳細な検討作業は時間がかかり、二回目を開くめどは立っていない。

「検討の場」は三回開く予定で、その後に有識者らによる県公共事業再評価委員会の審議を経て、計画の是非を最終決定する。

県河川課は「技術の実現性を探り、費用を節減できる案を検討するのに時間がかかる」と説明している。

安中市幹部は「『検討の場』の二回目を早く開いてほしい」と話している。

<増田川ダム> 1991年度、現在の安中市松井田町上増田一帯で計画の調査に着手。しかし人口の減少傾向に伴って見直しの機運が高まり、2008年度に当時参画していた富岡市が撤退表明した。

安中市は当初は1日2万4000立方メートルだった利水量を、現在は同5000立方メートルに引き下げている。総貯水容量は510万立方メートル、総事業費は382億円の見通し。財政難の中、事業費は代替案で大幅な削減が求められている。


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 

【2013/10/15 01:39】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック