「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆川原湯温泉350年の老舗「山木館」 代替地に新旅館完成
(上毛新聞 2013年9月18日)
http://www.raijin.com/ns/7013794313291715/news.html

八ツ場ダム(長野原町)水没予定地の川原湯温泉で350年の歴史を持つ老舗旅館「山木館」が17日、代替地に完成した新旅館を公開した。

これまでの雰囲気を残すため、旧旅館にあった家具の一部を持ち込んだほか、豊かな緑に囲まれた雰囲気を再現しようと200本以上の樹木を植えた。新天地での再出発に14代目の樋田洋二さん(66)は「ここからまた、新たな歴史を重ねていきたい」と話している。

新旅館は木造一部2階建て。全8室の客室の坪庭には、夏櫨なつはぜ、冬青そよごといった客室名と同じ樹木を植えた。男女別の内湯と露天風呂、貸し切り風呂があるほか、風呂付きの客室も2部屋ある。正式開業は26日。

代替地で営業再開する川原湯温泉旅館は、やまた旅館に続いて2軒目。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2013/09/21 10:57】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック