「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

八ッ場ダム工期延長の基本計画変更に群馬県が同意するという特に目新しい情報ではありませんが、読売の群馬版は国や県のスポークスマンのように国や県の見解を伝える役割を果たしています。

◆県、八ッ場工期延長同意へ
( 読売新聞群馬版 2013年9月7日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20130906-OYT8T01396.htm

県は、国土交通省が提示した八ツ場ダム(長野原町)の工期を2019年度まで4年間延長する基本計画の変更について同意する方針を決めた。

県が6日、自民党県議団に方針を伝えた。17日に開会する県議会9月定例会に議案が提出され、自民党などの賛成多数で可決される見通し。
(一部引用)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 

【2013/09/09 00:47】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック