「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆水源森林守る条例の指定地域案決まる
(中日新聞福井版 2013年8月9日)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20130809/CK2013080902000023.html

全国的に相次ぐ外国資本による森林買収を背景に、水源地の森林を守ろうと県が四月に施行した条例で、規制対象となる森林の指定地域案が決まった。県は九日から指定案の公告・縦覧を始め、九月上旬には正式決定する方針。

条例名は「県水源涵養(かんよう)地域保全条例」。県森づくり課によると、国有林以外の森林を指す民有林は県内に二十七万三千ヘクタールあり、案ではうち43%の十一万七千ヘクタールを指定。生活、農業、工業の各用水やダムなどの上流のいずれも重要な水源地に当たる。
民有林における指定率を市町別でみると、大野市(87%)、坂井市(56%)、美浜町(48%)の順で高い。

指定案の図面約五百枚を、森づくり課や各農林総合事務所など県内八カ所に置き、九~二十三日に誰でも見られる。県のサイトにも森林の住所一覧を掲載する。水源の利用者や森林の所有者ら利害関係者は、意見書を提出できる。

林野庁の調べでは、外国資本による森林の買収は、二〇〇六~一二年に八道県で六十八件、八百一ヘクタールあった。ミネラルウオーター販売のための地下水の採りすぎや、リゾート開発による森林伐採などが懸念されている。県内では確認されていない。

ただ、世界貿易機関(WTO)の協定で外国資本の差別はできないため、県は外国資本に限定せずに水源地を守る条例を制定した。

条例では、指定地域内の土地を売買する場合は事前の届け出を義務付け、県は保全の助言を行う。開発行為や地下水の取水を規制し、必要なら立ち入り検査もする。五万円以下の過料を科す制裁措置も設けている。

土地売買などの事前届け出の義務化は十月一日に始まる。(西尾述志)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
民有林における指定率を市町別でみると、大野市(87%)、坂井市(56%)、美浜町(48%)の順で高い。

指定案の図面約五百枚を、森づくり課や各農林総合事務所など県内八カ所に置き、九~二十三日に誰でも見られる。県のサイトにも森林の住所一覧を掲載する。水源の利用者や森林の所有者ら利害関係者は、意見書を提出できる。

林野庁の調べでは、外国資本による森林の買収は、二〇〇六~一二年に八道県で六十八件、八百一ヘクタールあった。ミネラルウオーター販売のための地下水の採りすぎや、リゾート開発による森林伐採などが懸念されている。県内では確認されていない。

ただ、世界貿易機関(WTO)の協定で外国資本の差別はできないため、県は外国資本に限定せずに水源地を守る条例を制定した。

条例では、指定地域内の土地を売買する場合は事前の届け出を義務付け、県は保全の助言を行う。開発行為や地下水の取水を規制し、必要なら立ち入り検査もする。五万円以下の過料を科す制裁措置も設けている。

土地売買などの事前届け出の義務化は十月一日に始まる。(西尾述志)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2013/08/11 00:33】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック