「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

国土交通省関東地方整備局は6日、「八ッ場ダムの建設に関する基本計画」の変更の手続きを開始することを発表しました。
今回の変更案は工期を2015年度から2019年度に4年間延長することです。
簡単には同意が得られそうもない事業費の増額は今回は出さず、次回の計画変更に回したようです。

関東地方整備局の発表は下記のとおりです。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000099.html

国土交通省関東地方整備局では、洪水被害の軽減や都市用水の確保等のために、八ッ場ダム建設事業を進めております。

今般、八ッ場ダム建設事業について、特定多目的ダム法第4条の基本計画を変更することとし、本日、同第4条第4項に基づき、関係都県知事及び関係利水者の意見をお聴きする手続を開始します。

○工期:平成27年度→平成31年度

○事業費:約4,600億円→変更なし

○八ッ場ダムの検証における洪水調節方式の見直しを反映します。


別紙参考資料  http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000081971.pdf

【2013/08/07 01:01】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック