「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
※6/13追記 最初の記事は「ダム決壊」となっていますが「堤防」の誤訳だったようです。

◆ドイツのエルベ川堤防決壊で避難拡大
- WSJ.com -
http://is.gd/hRizCj
 チェコとポーランドの国境地帯からドイツなどを通過して北海に注ぐエルベ川で10日、大雨による増水で1カ所の堤防が決壊し、別の数カ所での決壊も心配されている。この決壊で周辺の村は洪水となり、数千人が避難。ドイツの首都ベルリンと同国のその他のほとんどの都市を結ぶ鉄道も不通になった。
(一部引用)
        嶋津 暉之

詳しいことは分かりませんが、ドイツでダムが決壊したというニュースです。


◇ドイツ 大雨でダム決壊 住民は避難開始
(「ロシアの声」 10.06.2013, 17:10)
http://japanese.ruvr.ru/2013_06_10/115475687/

ザクセン=アンハルト州の州都マクデブルクでは、川の水位が基準よりも5メートル上昇し、3000人以上の住民が避難した。フィッシュベックのダムでは深夜、約50メートルにわたって決壊し、1000人以上が避難を余儀なくされた。

危機管理センターのブラント報道官は、ボランティアと救助部隊が早朝、長さ3.5キロの新たなダムの建設を開始したと伝えた。

欧州では多くの国で、豪雨による洪水が発生している。


◆中欧の洪水、下流で被害拡大=独で2万人超避難
(NNA News HeadlineEU 2013年6月11日)
http://news.nna.jp/free_eu/news/20130611eur003A.html

先週に中欧を襲った集中豪雨により、ドナウ川やエルベ川の下流域で洪水の被害が広がっている。

独北東部マグデブルク(Magdeburg)では9日、市内を流れるエルベ川の水かさが平常時の4倍近くに上昇し、2万3,000人の住民が避難した。周辺の村ではダムが決壊した個所もあり、避難者はさらに増えるとみられる。

一方、ハンガリーではドナウ川の水位が上昇。首都ブダペストでは10日、水位がほぼピークを迎えたものの被害は最小限に食い止められた。ただ、現地では洪水の影響で工場が稼働停止に追い込まれた企業もある。

北部エステルゴムにあるスズキのハンガリー子会社マジャールスズキは、10日の操業を中止した。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「工場近くのドナウ川にかかるマリア・バレリア橋が増水で閉鎖となり、スロバキア側に住むスタッフが出勤できなくなった」と説明。

ただ、工場そのものは川から離れており、洪水の被害は受けていないとした上で、「橋の通行止めが解除され次第、操業を再開する」と話している。




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 


追記を閉じる▲
        嶋津 暉之

詳しいことは分かりませんが、ドイツでダムが決壊したというニュースです。


◇ドイツ 大雨でダム決壊 住民は避難開始
(「ロシアの声」 10.06.2013, 17:10)
http://japanese.ruvr.ru/2013_06_10/115475687/

ザクセン=アンハルト州の州都マクデブルクでは、川の水位が基準よりも5メートル上昇し、3000人以上の住民が避難した。フィッシュベックのダムでは深夜、約50メートルにわたって決壊し、1000人以上が避難を余儀なくされた。

危機管理センターのブラント報道官は、ボランティアと救助部隊が早朝、長さ3.5キロの新たなダムの建設を開始したと伝えた。

欧州では多くの国で、豪雨による洪水が発生している。


◆中欧の洪水、下流で被害拡大=独で2万人超避難
(NNA News HeadlineEU 2013年6月11日)
http://news.nna.jp/free_eu/news/20130611eur003A.html

先週に中欧を襲った集中豪雨により、ドナウ川やエルベ川の下流域で洪水の被害が広がっている。

独北東部マグデブルク(Magdeburg)では9日、市内を流れるエルベ川の水かさが平常時の4倍近くに上昇し、2万3,000人の住民が避難した。周辺の村ではダムが決壊した個所もあり、避難者はさらに増えるとみられる。

一方、ハンガリーではドナウ川の水位が上昇。首都ブダペストでは10日、水位がほぼピークを迎えたものの被害は最小限に食い止められた。ただ、現地では洪水の影響で工場が稼働停止に追い込まれた企業もある。

北部エステルゴムにあるスズキのハンガリー子会社マジャールスズキは、10日の操業を中止した。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「工場近くのドナウ川にかかるマリア・バレリア橋が増水で閉鎖となり、スロバキア側に住むスタッフが出勤できなくなった」と説明。

ただ、工場そのものは川から離れており、洪水の被害は受けていないとした上で、「橋の通行止めが解除され次第、操業を再開する」と話している。




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ
 

【2013/06/11 10:09】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック