「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
5月30日、八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会は群馬と埼玉にまたがる下久保ダムと三波石峡の見学に行ってきました。

(写真はクリックで拡大します)
R007.jpg

◆見学会:45年前完成の下久保ダム、市民が環境変化確認
  三波石峡、水枯れて /群馬

(毎日新聞群馬版 2013年06月01日)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20130601ddlk10040147000c.html

ダム建設による環境変化を確かめる見学会が、藤岡市と神川町にまたがる下久保ダム周辺であり、首都圏の市民11人が参加。同ダム下流にある国指定名勝で天然記念物の三波石峡(さんばせっきょう)などを散策した。
見学会は、市民団体「八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会」が主催。

八ッ場ダム建設を前に、45年前に完成した下久保ダムで現在どんな環境変化があるのかを確認するのが狙い。
三波石峡は、1968年のダム完成後、川がせき止められたため水が枯渇し、こけが生えたり、川底に雑草が生える状態になったという。

同会の大高文子さん(59)は「八ッ場ダム下流の吾妻渓谷の環境もここと同様に変化しないだろうか」と心配顔。
一方、八ッ場あしたの会の渡辺洋子さん(57)は、「多くの人がダム問題を考えるために、まず自分の目で見ることが大事だ」と話した。【尾崎修二】


下久保ダムは群馬と埼玉の県境にあります。(ダムの看板)
050.jpg

下久保ダム周辺は八ッ場ダム予定地と地質がよく似ていて、もしも八ッ場ダムが出来たらこうなるだろうというモデルだと考えられています。


■ダムが出来て天然記念物の峡谷の変化
美しい石の産地で、江戸時代から景勝地と知られ、神流川の流れの中に巨岩が点在する三波石峡は1968年(昭和43年)上流に下久保ダムが完成した後、峡谷を流れる川の水が枯渇し石に苔が生え、雑草が生い茂り無残な姿となりました。

このままではまずい、昔の峡谷の姿を取り戻さねばと、ダムに溜まった砂を放流時に流して苔を洗い流したり、常に水が流れるよう放流する措置がとられています(ただし、毎秒0.323トンだけ)。

ダム直下、三波石峡のスタート地点。
015.jpg

遊歩道を歩きました。途中から草ぼうぼうで大変でした。
page_20130602012739.jpg

下流に行くにつれ、川原にも草が生い茂っています。
R016.jpg

R035.jpg


■ダム完成後、地すべりが多発

川のそばの道路の斜面が工事中でした。
RR037.jpg

RR038.jpg


■地すべり資料館
譲原地区の地すべり対策についての展示をする「譲原地すべり資料館カッピー(譲原防災センター)」は2年前より長期休館中で看板は下ろされ名称は「譲原防災センター」となっていました。
今回は事前連絡により特別に見せてもらいましたが、ビデオは途切れ途切れで、展示の解説中に照明が消えたりして、税金で作られた資料館であることを思うと複雑な気持ちに…

地すべり対策についても様々な方法がありますが、基本は土中の水を抜くことです。
外の集水井も見学しました。
R044.jpg
(※3年前に行った人の展示レポート→  http://is.gd/WQcmOW )


■下久保ダムの見学
1_20130602015532.jpg

全国でも二つしかない珍しいL字型のダム
049.jpg

90Mを90秒かけてエレベーターでダムの下に行きました。
2_20130602015528.jpg

074.jpg

白い建物が発電所です。
066.jpg

発電の水は三波石峡には流れません。
sanbaseki.jpg

巨大なダムは環境を変えてしまいます。


追記を閉じる▲
美しい石の産地で、江戸時代から景勝地と知られ、神流川の流れの中に巨岩が点在する三波石峡は1968年(昭和43年)上流に下久保ダムが完成した後、峡谷を流れる川の水が枯渇し石に苔が生え、雑草が生い茂り無残な姿となりました。

このままではまずい、昔の峡谷の姿を取り戻さねばと、ダムに溜まった砂を放流時に流して苔を洗い流したり、常に水が流れるよう放流する措置がとられています(ただし、毎秒0.323トンだけ)。

ダム直下、三波石峡のスタート地点。
015.jpg

遊歩道を歩きました。途中から草ぼうぼうで大変でした。
page_20130602012739.jpg

下流に行くにつれ、川原にも草が生い茂っています。
R016.jpg

R035.jpg


■ダム完成後、地すべりが多発

川のそばの道路の斜面が工事中でした。
RR037.jpg

RR038.jpg


■地すべり資料館
譲原地区の地すべり対策についての展示をする「譲原地すべり資料館カッピー(譲原防災センター)」は2年前より長期休館中で看板は下ろされ名称は「譲原防災センター」となっていました。
今回は事前連絡により特別に見せてもらいましたが、ビデオは途切れ途切れで、展示の解説中に照明が消えたりして、税金で作られた資料館であることを思うと複雑な気持ちに…

地すべり対策についても様々な方法がありますが、基本は土中の水を抜くことです。
外の集水井も見学しました。
R044.jpg
(※3年前に行った人の展示レポート→  http://is.gd/WQcmOW )


■下久保ダムの見学
1_20130602015532.jpg

全国でも二つしかない珍しいL字型のダム
049.jpg

90Mを90秒かけてエレベーターでダムの下に行きました。
2_20130602015528.jpg

074.jpg

白い建物が発電所です。
066.jpg

発電の水は三波石峡には流れません。
sanbaseki.jpg

巨大なダムは環境を変えてしまいます。

【2013/06/02 02:17】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |

うらやましいです。
神流川太郎
下久保ダム、直下の見学うらやましいです。次にこのようなダム見学の機会があれば是非とも参加したいです!

見学
埼玉の会
ダム管理事務所にお願いしておけば、説明して案内してくれますよ。
お友達とお誘い合わせて見学にいらして下さい。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うらやましいです。
下久保ダム、直下の見学うらやましいです。次にこのようなダム見学の機会があれば是非とも参加したいです!
2013/06/03(Mon) 20:14 | URL  | 神流川太郎 #mQop/nM.[ 編集]
見学
ダム管理事務所にお願いしておけば、説明して案内してくれますよ。
お友達とお誘い合わせて見学にいらして下さい。
2013/06/03(Mon) 21:32 | URL  | 埼玉の会 #H6hNXAII[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック