「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
日時:6月1日(土)午後1:30~4:30
会場:豊島区生活産業プラザ(エコとしま)8階多目的ホール
    地図 ←クリック (池袋駅から徒歩7分)
参加費:500円

*解説「間違いだらけの高裁判決
  ―事案の異なる判例を引き、事実評価は手抜き」
  八ッ場ダム住民訴訟弁護団

*講演「司法行政からみた裁判官~裁判官だって出世したい!」
  講師:西川伸一 明治大学教授

*報告「八ッ場ダム事業でゆがめられる利根川の河川整備計画」
  嶋津暉之 利根川流域市民委員会共同代表

*声明「高裁不当判決に抗議し、最高裁での審理を要求する!」
  八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会

クリックすると大きくなります。
 ↓

0601集会の案内

8年余にわたり、私たちは次々と新たな資料、調査・研究を積み上げ、
八ッ場ダムの不要性、危険性を立証してきました。

ところが今年3月、東京高裁は、自治体にとってダムが
役に立ってもたたなくても、負担金は支払わなくてはならない、
という非常識な判決を言い渡しました。

今回、この判決の内容を分析・批判するとともに、
「市民の常識」とかけ離れた裁判がされる背景について、
『日本司法の逆説』の著者・西川伸一教授より解説していただきます。
また、八ッ場ダム事業をごり押しする国交省によって、
利根川の河川整備計画が大きくゆがめられようとしている現状を、
嶋津暉之さんよりご報告いただきます。
私たちはこの不当判決に強く抗議し、
その背後にある司法と行政の病に迫ります。

主催:八ッ場ダムをストップさせる東京の会
お問合せ:T/F 042-341-7524 深澤


追記を閉じる▲
    地図 ←クリック (池袋駅から徒歩7分)
参加費:500円

*解説「間違いだらけの高裁判決
  ―事案の異なる判例を引き、事実評価は手抜き」
  八ッ場ダム住民訴訟弁護団

*講演「司法行政からみた裁判官~裁判官だって出世したい!」
  講師:西川伸一 明治大学教授

*報告「八ッ場ダム事業でゆがめられる利根川の河川整備計画」
  嶋津暉之 利根川流域市民委員会共同代表

*声明「高裁不当判決に抗議し、最高裁での審理を要求する!」
  八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会

クリックすると大きくなります。
 ↓

0601集会の案内

8年余にわたり、私たちは次々と新たな資料、調査・研究を積み上げ、
八ッ場ダムの不要性、危険性を立証してきました。

ところが今年3月、東京高裁は、自治体にとってダムが
役に立ってもたたなくても、負担金は支払わなくてはならない、
という非常識な判決を言い渡しました。

今回、この判決の内容を分析・批判するとともに、
「市民の常識」とかけ離れた裁判がされる背景について、
『日本司法の逆説』の著者・西川伸一教授より解説していただきます。
また、八ッ場ダム事業をごり押しする国交省によって、
利根川の河川整備計画が大きくゆがめられようとしている現状を、
嶋津暉之さんよりご報告いただきます。
私たちはこの不当判決に強く抗議し、
その背後にある司法と行政の病に迫ります。

主催:八ッ場ダムをストップさせる東京の会
お問合せ:T/F 042-341-7524 深澤

【2013/05/31 15:19】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック