「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

淀川水系の川上ダムに関する伊賀市検証・検討委員会の宮本博司委員長が今日(4月4日)、岡本栄市長に上申書を提出しました。
岡本市長が賢明な判断をされることを期待します。

◆川上ダム検討委が上申書提出 利水計画は年内中に策定へ 伊賀市
(伊賀タウン情報ユー 2013年4月 4日)
http://www.iga-younet.co.jp/news1/2013/04/post-561.html

国や関係自治体で建設の是非を検討している木津川上流の川上ダムについて、地元・伊賀市の「同ダムに関する検証・検討委員会」の宮本博司委員長が4月4日、岡本栄市長に上申書を提出した。

岡本市長は「実現性を含めてより合理的な方法を検討していく」と述べ、市民説明会の開催を経た上で、市の利水計画は年内中にまとめる考えを示した。
利水計画について、同委員会は市の水道事業基本計画(2009年策定)が現時点の人口や給水量などの実績値と計画値でかい離している点などと指摘。上申書に「同基本計画を見直すことが必要」と記した。

治水では「ダムの有無にかかわらず、緊急的に上野遊水地を完成させ、木津と服部、柘植の3河川の河道掘削を実施する必要がある」とした。

宮本委員長は上申書の提出後、「限られた開催回数で十分に審議を尽くしたとは言えないが、建設推進と批判的立場でいろんな思いがあるなか、委員会として客観的な議論ができた。今まで出ることがなかったデータが明らかとなり、その点は有意義だった」と振り返った。

岡本市長は受け取った上申書に対し「重い結果だと受け止めている。今後どうしていくか、重要な課題が浮かび上がった」と話した。

利水については「この街だけ格段人口が増えるわけではなく、10万人を維持するのは難しいだろう。水需要も今以上増えるとは思えない」と事業計画の縮小を示唆した。

同委員会は市長の諮問機関で、市の利水と治水計画について検討することを目的に発足。学識経験者や住民代表らによる委員9人が、2月中旬から5回の議論を重ね、共有または一致した点を上申書にまとめた。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
利水計画について、同委員会は市の水道事業基本計画(2009年策定)が現時点の人口や給水量などの実績値と計画値でかい離している点などと指摘。上申書に「同基本計画を見直すことが必要」と記した。

治水では「ダムの有無にかかわらず、緊急的に上野遊水地を完成させ、木津と服部、柘植の3河川の河道掘削を実施する必要がある」とした。

宮本委員長は上申書の提出後、「限られた開催回数で十分に審議を尽くしたとは言えないが、建設推進と批判的立場でいろんな思いがあるなか、委員会として客観的な議論ができた。今まで出ることがなかったデータが明らかとなり、その点は有意義だった」と振り返った。

岡本市長は受け取った上申書に対し「重い結果だと受け止めている。今後どうしていくか、重要な課題が浮かび上がった」と話した。

利水については「この街だけ格段人口が増えるわけではなく、10万人を維持するのは難しいだろう。水需要も今以上増えるとは思えない」と事業計画の縮小を示唆した。

同委員会は市長の諮問機関で、市の利水と治水計画について検討することを目的に発足。学識経験者や住民代表らによる委員9人が、2月中旬から5回の議論を重ね、共有または一致した点を上申書にまとめた。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2013/04/05 01:48】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック