「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

利根川・江戸川有識者会議が2月14日に開催されることが、関東地方整備局のHPに掲載されました。

http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000069.html

利根川・江戸川有識者会議は10月下旬から今年1月まで、9回連続で中止されてきました。

治水目標流量について白熱した議論が展開されてきたにもかかわらず、関東地方整備局はその議論を無視して、本川だけの河川整備計画原案を発表しました。そのやり方は本当にひどいものです。

お時間をとれる方は是非、傍聴に参加して、審議の行方を監視してくださるよう、お願いします。


  「第8回利根川・江戸川有識者会議」の開催について

                 平成25年2月8日

1. 利根川・江戸川有識者会議の概要

本会議は、河川管理者である関東地方整備局長が、「利根川水系利根川・江戸川河川整備計画(案)」を作成するにあたり、河川法第16条の2第3項の趣旨に基づき学識経験を有する者等の意見を聴く場として設置するものです。(審議等により何らかの決定を行うものではありません。)

2. 開催日時

平成25年 2月14日(木) 13時00分から

3. 開催場所

日本青年館 3階国際ホール

住所:東京都新宿区霞ヶ丘7-1
最寄り駅
JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」いずれも徒歩約9分
東京メトロ銀座線「外苑前駅」3出口から徒歩約7分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」A2出口から徒歩約7分

4. 議事(予定)

・利根川水系利根川・江戸川河川整備計画(原案)について




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 

【2013/02/09 00:30】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック