「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
2011年10月26日参議院会館で行われた中山俊雄さんの講演です。
中山さんは東京都土木技術研究センターの元研究員で、地質のエキスパートです。応用地質研究会を主宰して、長年、コンサルタントの技術者とも議論を積み重ねてこられていますので、ダムや地すべり等の地質問題についても豊富な知識をお持ちです。
付近の地質の様子から、熱水変質帯、割れ目の多い地質、火山との関係、断層、付け替え国道の法面のさび、造成地、地すべり対策の問題、コストなど、いろいろなことを説明してくださっています。(33分)




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・まさのあつこさんの「ダム日記2」




【2012/02/08 23:35】 | You Tube
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック