「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
緊急検証セミナー 
日本学術会議河川流出モデル・基本高水評価等検討分科会による「検証」を検証する
「基本高水」って何?


●なぜ基本高水が問題なのか? 河川村と原子力村の構造は同じ 
河野太郎(衆議院議員) 


●森林の保水力がなぜ重要なのか? 学術会議の検証結果をどう見るのか?
関 良基(拓殖大学准教授)


●エンディング 



◆建設根拠の「基本高水」でセミナー

(朝日新聞群馬版2011年06月29日)
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000581106290001

 八ツ場ダム建設の根拠として国が示した利根川の基本高水(洪水時の最大流量)について検証するセミナーが28日、衆議院議員会館(東京)であった。
見直し派の市民団体「治水のあり方シフト研究会」の主催で、約50人が参加した。

 利根川の基本高水をめぐって国は、1947年のカスリーン台風をもとに、80年に八斗島地点で毎秒2万2千トンとし、八ツ場ダムの必要性の根拠の一つにしてきた。昨年になって国土交通省に根拠資料がないことが発覚したが、国交省は近年の雨量や流量を踏まえ、毎秒2万1100トンと再計算。検証を依頼された日本学術会議分科会が今月、「妥当」とする回答骨子をまとめた。

 だが、見直し派の学者や市民団体には、国や分科会について「森林の成長による保水力が無視されている」「専門性に阻まれて十分検証されていない」といった批判がある。

 セミナーでは、この問題を国会で取り上げた河野太郎衆院議員が「省庁は、都合の悪いことは抑圧したり、隠そうとしたりする」と話した。

 分科会は、基本高水についての一般向けの説明会を、8月2日に開くことにしている。
(一部引用)





☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2

【2011/06/29 11:37】 | 基本高水
トラックバック(0) |
◆福島の藤沼ダム決壊事故
(毎日新聞東京朝刊 2011年6月28日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/archive/news/2011/06/28/20110628ddm041040170000c.html


証言3・11:東日本大震災 福島の藤沼ダム決壊 揺れの直後、鉄砲水

◇7人死亡、1人不明 復旧手つかず、大雨警戒

東日本大震災で、福島県須賀川市の農業用ダム「藤沼ダム」(高さ約18メートル、長さ約133メートル)が決壊し、簀ノ子(すのこ)川沿岸を襲った鉄砲水は、7人の命を奪い、今も1人が行方不明だ。家屋は、19棟が全壊、流失し、床上、床下浸水は55棟。東北地方も梅雨入りしたが、壊れたダムの堤や川の護岸の復旧は手つかずのままだ。大雨で再び被害を受けないか、不安を感じている住民もいる。

■木をなぎ倒し

■下流でも被害

■補償も進まず

須賀川市によると、藤沼ダムは土を台形状に固めた「アースフィルダム」で、完成は1949年。震災当時は田植え前のため、150万トン近くの水をためていたとみられる。

農林水産省防災課によると、藤沼ダムを含む堤高15メートル以上の農業用ダムは、全国に約1700カ所あり、多くがこの構造。今回の震災で農業用ダム33カ所で堤防のひび割れやのり面崩れが見つかっているという。

藤沼ダムを管理する江花川沿岸土地改良区は「毎年の検査に異常はなく、管理に問題はなかった」というが、県は原因究明の調査に乗り出した。しかし、護岸などの復旧時期は決まっていない。

浸水した約70世帯でつくる決壊被害者の会の大森四郎副会長は「鉄砲水がなければ被害はほとんどなかった。濁流で川岸は壊れているため、梅雨になればまた浸水する可能性がある。補償も進まず、行政の対応は後手後手だ」と話した。
(一部引用)




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2





【2011/06/28 23:07】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
                         嶋津 暉之

北海道の沙流川水害訴訟についての記事です。
この記事にあるように、水害の真の原因はすでに総貯水容量の43%も土砂で埋まってしまった二風谷ダムにあるのではないかと思います。

◆洪水なぜ 続く闘い 沙流川水害訴訟

(朝日新聞北海道版 2011年06月27日)
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001106270005

■二風谷ダム 原因か

実は水害の真の原因ではないかと中村さんや原告弁護団の市川守弘弁護士(札幌弁護士会)が考えているのが二風谷ダムの存在とその「一気放流」だ。国のダム建設構想が明らかになったのが1971年。地元アイヌで地権者の萱野茂・元参院議員(故人)らが反対したものの、ダム本体は94年に完成し、96年4月から貯水を始めた。

萱野氏らは土地収用取り消しを求めて提訴。札幌地裁は97年3月、アイヌを初めて先住民族として認め、土地収用とダム建設の事業認定を違法としながら、ダムが完成していたため収用取り消し請求は棄却した。

運用開始からわずか10年で、二風谷ダムには約1300万立方メートルの流砂が堆積(たいせき)し、貯水容量の4割近くを失った。当初予想の100年分の2倍以上もの量だ。03年8月の豪雨では砂だけでなく、5万立方メートル以上の流木がダム湖を覆った。

ダム建設のために木が伐採された。地盤は弱くなって地滑りを誘発。土砂や倒木がますます流れやすくなり、水質も悪くなった。豪雨の翌朝、ダム湖を埋めた流木もその帰結だ。なのに、さらに上流に平取(びらとり)ダムを造ろうとしている国は許せない――40年以上も沙流川を見つめてきた中村さんの信念だ。
(一部引用)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2


【2011/06/28 21:59】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
                        嶋津 暉之

6月29日(水)に下記のとおり、思川開発、霞ケ浦導水事業、八ッ場ダムの検討の場幹事会が開かれます。
政治が混迷している間に河川官僚が各事業を推進に向けて一気に進めてしまおうという雰囲気です。


◇思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場(第2回幹事会)の開催
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_00000321.html

1.開催日時

平成23年6月29日(水) 10時30分から

2.開催場所

さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 共用大会議室501



◇霞ヶ浦導水事業の関係地方公共団体からなる検討の場(第2回幹事会 )
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_00000320.html

1.開催日時

平成23年6月29日(水) 13時30分から

2.開催場所

さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 共用大会議室501



◇八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場(第6回幹事会)
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_00000319.html


1.開催日時

平成23年6月29日(水) 15時30から

2.開催場所

さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 共用大会議室501





☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2

【2011/06/28 20:04】 | 「検討の場」幹事会
トラックバック(0) |
                      嶋津 暉之

最近、荒川の滝沢ダムが完成しましたが、本体着工から12年間もかかりました。試験湛水中に地すべりが続出してその対策工事に追われたことが完成の遅れの大きな要因ですが、それだけでなく、ダムというものは本体着工から完成までもともと結構な年数を要するものであるという面もあります。

そこで、比較的最近完成したダムについて本体着工から完成までどれくらいの年数がかかっているのかを調べてみましたので、参考までにお送りします。

滝沢ダム:約12年、浦山ダム:9年、奈良俣ダム:約8年、徳山ダム:約8年、宮ケ瀬ダム:約14年、温井ダム:約10年、苫田ダム:約6年、灰塚ダム:約6年

ダムの大きさ、型式、予算の付き方によって変わるところがありますが、ダムは本体着工から完成までかなりの年数がかかるものなのです。

八ッ場ダムが仮に事業再開になっても、付替え鉄道等の関連工事の遅れ(用地買収難航)、試験湛水後の地滑りの発生などもありますので、完成までかなり長い年数、少なくとも10年以上の年数が必要となってくるように思います。

クリックするとPDFで開きます
   ↓↓↓
ダムの完成するまでの年数



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2


【2011/06/28 16:58】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
                       嶋津 暉之

6月26日、川辺川ダム予定地の五木村に関して「村の今後の生活再建を協議する場」の第5回会合が開かれました。

協議の結果、「熊本県がダム事業費の県の負担分として計上されていたおよそ50億円を村への財政支援として使い、村を通る国道445号線の建設など行っていくことや、国も橋の建設などを引き続き進めることなど現行の予算制度の中でできる事業から優先的に進めていくことで合意しました。

なお、「五木村の今後の生活再建を協議する場」の資料は
http://www.qsr.mlit.go.jp/kawabe/saiken/saiken.html
こちらで見ることができます。

県に問い合わせたところ、県が50億円を上限として事業を進めるが、国がどのような制度で支援して上積みするかはこれから協議していくことだということです。

◆県が新たに50億円支援 五木村生活再建
(熊本日日新聞 2011年6月27日)
http://kumanichi.com/news/local/main/20110627002.shtml

国が建設中止を表明した川辺川ダム計画の水没予定地を抱える五木村と、国、県による「村の今後の生活再建を協議する場」の第5回会合が26日、村役場で開かれた。村の振興に向けて、県は総額50億円の新たな財政支援と国道445号の整備を表明、国も代替農地の整備を拡大することなどで合意した。

大型公共事業中止後の地元補償法案が成立する見通しが立たない中で、国の交付金を活用するなど現行の予算制度で実施できる振興策について着手する。

ダム計画に伴う生活再建事業をめぐっては、完了していない事業について国、県の見解がこれまで対立。昨年11月の前回会合後、具体的な役割分担などの協議を続けてきた。

県は、地元の要望が強い国道445号の未整備区間約1.4キロの単独施工を決定。村振興のため創設した基金(総額10億円)とは別に、さらに50億円を拠出し、来年度から国道の整備を含む村振興事業の財源に充てる。
(一部引用)


◆熊本県、50億円拠出 川辺川ダム中止 五木村再建協議で合意
(西日本新聞 2011年6月27日)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/250517

五木村再建をめぐっては今年1月、国土交通省が、国の政策転換で大型公共事業を中止した地域を支援する補償法案の国会提出を断念。同法成立が前提だった同村再建も行方が不透明になり、多くの事業で、国、県のどちらが実施主体となるか決まらないでいた。県はこの日の協議に先立つ国交省との交渉で、優先度が高い事業は国の交付金などを活用し、県事業として早期実施することで一致していた。

この日の協議で和田拓也村長は「村は疲弊している。早く事業に着手してほしい」と要請した。
(一部引用)


◆国道建設着手へ
(読売新聞熊本版 2011年6月27日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20110627-OYT8T00103.htm

この日の協議会で、県はダム建設を前提に予定していた事業と同規模の50億円を上限に取り組むことを表明。具体策として、7事業の一つである同国道の付け替え工事に12年度から着手することを明らかにした。

一方、国は、7事業については自ら担当する意思は示さなかったが、県が行う付け替え工事などに対して補助金を出して支援する方針を示した。また、従来想定していた事業とは別に水没予定地だった土地の利活用策を村と検討することも明らかにした。

役割分担が決まっていない事業については、今後も協議を継続する。
(一部引用)




☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2011/06/28 16:50】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
ダムのせいで自然環境が壊されています。

◆三峡ダムの影響で稚魚生息数が50分の1以下に
 回復のため新たな取り組みも―中国

(Record China 2011年06月26日)
http://news.livedoor.com/article/detail/5663141/

2011年6月23日、経済観察報は、長江で淡水魚の稚魚が激減していると報じた。三峡ダムの影響と見られている。以下はその抄訳。

報告書『長江三峡工程生態・環境観測公報2010』によると、2009年5~7月に三峡ダム下流の利江区域で観測された主要淡水魚の稚魚生息数は4200万尾。前年から76.9%減少した。三峡ダム貯水前(1997~2002年)と比較すると、生息数はわずか1.7%にまで落ち込んでいる。

中国農業部長江漁業資源委員会弁公室の趙依民(ジャオ・イーミン)主任によると、三峡ダムの影響で水利条件、水質条件が変わったことが要因だという。ダムの影響を少しでも緩和しようと新たな試みも始められた。
(一部引用)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2





【2011/06/28 16:37】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
                   嶋津 暉之

川原湯温泉の旅館の集客は必要だと思いますが、それに便乗して八ッ場ダムの必要性を宣伝しようとする意図が見え見えです。

◆八ツ場ダムカップ少年野球交流大会
(上毛新聞 2011年6月26日)
http://www.raijin.com/news/a/2011/06/26/news02.htm

八ツ場ダム問題の地元、長野原町で7月29、30の両日、「八ツ場ダムカップ少年野球交流大会」が開かれる。野球を通じて児童に交流を深めてもらうとともに、ダムの役割や地域の実情を広く知ってもらうのが目的。地元の少年野球チーム、長野原フェニックス(市川通利監督)の関係者が4月に実行委員会を立ち上げて準備を進めており、町内外から参加チームを募っている。

水没地区の住民は半世紀以上にわたってダム問題に翻弄(ほんろう)されてきた。2009年に当時の前原誠司国土交通相が本体工事中止を表明して以降、再び混迷を深め、現在もダムの是非が検証され、中ぶらりんの状態が続いている。

フェニックスには水没地区の児童も多いことから、市川監督(45)らチームの指導者がダムの役割や現状を町外の人に知ってもらい、地域活性化にもつなげようと開催を決めた。
(一部引用)



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2011/06/28 16:18】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |
                 嶋津 暉之

6月4日の読売新聞関西版に、国交省近畿地方整備局が淀川水系流域委員会に代わる新たな有識者委員会の規約を公表したという記事が出ています。

国交省のダム建設方針の反対勢力にならないように、委員会の構成をがらりと変えるものです。
2009年に解散した旧「淀川水系流域委員会」はダム整備計画に異議を唱え国と対立しましたが、新規約は新委員会の役割として整備計画を前提に意見を述べるようになっています。

今の河川行政は、国交省の河川官僚の意のままに動いています。



☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2

【2011/06/28 15:56】 | 政策
トラックバック(0) |
USTREAM中継は回線が切れて、ご迷惑をおかけしました。
後日You Tubeにて録画を配信予定です。

        ▼緊急検証セミナー▼ 
-----------------------------------------
  日本学術会議河川流出モデル・基本高水
  評価等検討分科会による「検証」を検証する

「基本高水」って何?
-----------------------------------------
日時: 2011年6月28日(火)15:00~16:00 (*)
場所: 衆議院第二議員会館 第7会議室(B1)定員40人 

▼なぜ基本高水が問題なのか?
 河川村と原子力村の構造は同じ 
      河野太郎(衆議院議員)        

▼基本高水とは何か?
 今回の国交省新モデルはどのような意義を持つのか?
国土交通省河川局河川計画課(交渉中)

▼森林の保水力がなぜ重要なのか?
 学術会議の検証結果をどう見るのか?
関 良基(拓殖大学准教授)


衆議院予算委員会での河野太郎議員の質問とそれに対する馬淵澄夫前国土交通大臣の答弁をきっかけに、日本の治水計画を定める上で絶対的な数値と思われてきた「基本高水」の正当性に大きな疑問が投げかけられるようになりました。

その後、八ツ場ダム建設の根拠となる利根川の基本高水流量(200年に1度確率の降雨で治水基準点・伊勢崎市八斗島で毎秒2万2000立方メートルとされていた)を定めた計算資料が見つからないということが明らかになり、大臣の指示で、第三者による基本高水流量の再検証が行われることになりました。

今年1月から6月20日まで「日本学術会議河川流出モデル・基本高水評価等検討分科会」が計11回の会合を持ち、利根川の基本高水の検証を行いました。その結果、従来からの基本高水とほぼ変わらない数値を「妥当」とする「回答骨子」がまとめられました。同分科会では、8月2日(予定)に一般向けの説明会を開くことにしています。

他方、その「回答骨子」を「疑問」あるいは「誤っている」とする多くの意見書が提出されてきましたが、分科会はそれらの疑問点のすべてを解消したとは必ずしも言えません。

そもそも「基本高水」とは何なのでしょうか? 日本全国の河川では、「基本高水」を根拠として「治水計画」が立てられてきました。しかし、そのことが何を意味するのかを理解できている人はほとんどいません。「専門性」に拒まれて、正確で十分な理解も報道も行われてこなかったのが現状です。

そこで同分科会による説明会が行われる前に、改めて治水についての基本的な理解を深めたいと思います。利根川の治水は何故、検証が必要となり、どのように検証されたのか。検証のきっかけをつくった議員や専門家を招いて今回の「検証」を検証したいと思います。

*14:40~15:00 第二議員会館ロビーで入館証を渡します

主催: 治水のあり方シフト研究会(連絡先:090-6489-0362) 
----------------------------------------------


【2011/06/24 15:05】 | お知らせ
トラックバック(0) |