「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

荒瀬ダムの撤去が最終段階になった熊本県・球磨川でリバーガイドの溝口隼平さんが、ボートで川を下るラフティングツアーの営業を8月に始めます。

◆この人に聞く リバーガイド 溝口隼平さん /熊本
(毎日新聞熊本版2017年7月30日)
https://mainichi.jp/articles/20170730/ddl/k43/040/235000c

再生した川で暮らす 溝口隼平さん(36)

 県営荒瀬ダム(八代市坂本町)がほぼ撤去され、かつての流れが戻ってきた球磨川中流域で、リバーガイドの溝口隼平さん(36)がラフティング会社「リボーン(Reborn)」を設立、ボートで川を下るラフティングツアーの営業を8月に始める。元々、ダム撤去の研究者として2010年、ダムから約400メートル下流沿いにあった空き家(同)に移り住んだ。国内で初の本格的なダム撤去を現場で見守りつつ、ラフティング事業を始める思いを聞いた。【聞き手・笠井光俊】

 Q 移住を決めた理由は?

 溝口さん 荒瀬ダム撤去が議論されていた頃は、金曜夜に愛知から夜行バスで来て、ダムや球磨川の写真を撮ったり、調査をしたりして日曜夜の夜行バスで戻る日々でした。ただ、国内で最初にダム撤去される場所に住んで、自然の変化を体感したい、川が再生する喜びを住民と共有したいと思っていました。当時は他県でも複数のダム撤去の議論があったのですが、最終的に撤去が決まった荒瀬ダムにしました。

 Q 移住後は生活費をどう稼いで、どう暮らしていくかなど、大変だったのでは。

 溝口さん デイサービスの送迎運転手から始めて、青のり漁師や土木作業員など、ガイド業とは別にいろいろな仕事をいただきました。冬季の植林、間伐の仕事は今後も続けます。送迎運転手をやったことで、地域の人たちに顔を知ってもらい、昔の球磨川の写真などを見せてもらえるようになりました。現地に住んでいないと見聞きできないことに触れることができ、自分の研究にとっても良かったです。

 Q ダム撤去を研究するようになったのはなぜですか。

 溝口さん 小さい頃から川遊びが好きだったのが原点です。高校生の頃、鹿児島県出水市で砂防ダムを越える土石流災害があり、犠牲者の遺品を探す作業にボランティアで加わる中で、河川行政への疑問が膨らむとともに、自然の再生に興味を持ちました。荒瀬ダムに関しても球磨川の再生や地域の変化などの一部始終を記録したいと考えています。

 Q 研究とは別に、ラフティング事業を自分で始めるというのは、どんな考えがあったのですか。

 溝口さん ダム撤去によって再生した川を生活の場にしたいという思いがありました。何らかの形でお金が回って、苦労はあるけれども、ちゃんと生活していけるんだ、ということを見せたい。例えば、再生しつつある川で何十年ぶりかで出漁している川漁師さんを見ると、ものすごく尊敬する上に感動してしまいます。ここがちゃんと生活の場になることは、ダム撤去を願っている他地域の人たちへの発信にもなるかもしれません。

 Q 球磨川のラフティングは人吉・球磨地域の上流域が有名ですね。

 溝口さん 今後は中流域でも増えると思います。当面、川下りは瀬戸石ダム(芦北町、球磨村)の直下から坂本町の中心部近くまでの約10キロ内で、天候や水量、お客さんの要望を元にコースや遊び方を選びます。所要時間は2~3時間。「リボーン」という名は「再生」という意味で、川を巡るいろいろなものが再生し、生まれ変わってほしいという願いを込めています。

  ◇  ◇

 「リボーン」のラフティングツアーは完全予約制で7人まで。料金1人6000円。問い合わせは090・2516・3900。

 ■人物略歴
みぞぐち・じゅんぺい

 鹿児島県出水市出身。高校まで地元で過ごし、愛知県の人間環境大学を卒業後、東大大学院農学生命科学研究科の付属施設「愛知演習林」(現・生態水文学研究所、愛知県瀬戸市)の研究員として全国のダム撤去事例を研究した。2010年秋、八代市坂本町に家族で移住。13年に一般社団法人ラフティング協会のリバーガイドに認定され、人吉・球磨地域のラフティング会社で経験を積んだ


追記を閉じる▲

【2017/08/03 00:53】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |
         嶋津 暉之

熊本県・球磨川の荒瀬ダムの撤去工事は終盤を迎えています。

◆国内初の完全撤去へ 熊本・荒瀬ダム発電所の解体開始
(産経新聞2017年7月28日)
http://www.sankei.com/west/news/170728/wst1707280041-n1.html

 熊本県は28日、国内初となる県営荒瀬ダム(八代市)の完全撤去作業の一環として、球磨川の約2キロ下流にある藤本発電所建屋の解体作業を始めた。平成24年9月から取り組んでおり、来年3月までに全ての構造物を撤去することを目標にしている。

 発電所の建屋を除くと、残る主要な構造物は右岸の長さ約10メートル、高さ約25メートルの堤体と長さ約40メートルの取水施設、発電所近くの調圧水槽になる。右岸の堤体は撤去予定だったが、遺構として残すために県が川の管理者の国と協議している。

 藤本発電所は、鉄筋コンクリート製の地上2階、地下3階建てで、昭和29年12月~平成22年3月に稼働。県によると最大出力は1万8200キロワットで、年間供給電力は一般家庭約2万世帯の1年間の使用量に相当した。

 荒瀬ダムは熊本県が昭和30年、球磨川に建設した発電専用ダム。老朽化に加え、アユがすむ川の水質悪化の原因になっているとして、ダムを撤去し自然の状態に戻す作業が続けられている。


【2017/08/03 00:50】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |
      嶋津 暉之

熊本県・球磨川の荒瀬ダムの撤去工事が終盤を迎えました。
撤去の歴史を後世に伝えるために荒瀬ダムの本体の一部を遺構として残すことになりました。
日本では残念ながら、荒瀬ダムに続くダム撤去の話がいまだに出てきていません。

◆荒瀬ダム、一部遺構化 両岸に記念スポット整備
(熊本日日新聞2017年06月02日 )
http://kumanichi.com/news/local/main/20170602001.xhtml

 県企業局は1日、球磨川下流の県営荒瀬ダム(八代市坂本町)について、撤去の歴史を後世に伝えるために両川岸のダム本体の一部を遺構として残し、活用する方針を明らかにした。同日開かれた専門委員会で提案し、了承された。

 遺構として残すのは、右岸の県道中津道八代線側の門柱部分約10メートルと左岸の国道219号側にあるコンクリート部分の約15メートル。右岸の門柱は当初、撤去する計画だった。
 両岸の道路沿いにそれぞれ、遺構と一体化した記念スポットを整備し、案内板なども設置する予定。今後、河川管理者の国土交通省と協議を進める。

 撤去の歴史を伝える記念碑のような構造物は、地元から設置要望が上がっていた。専門委の議論では「治水の観点からもダム本体の一部を残すべきだ」との意見が出ていた。

 専門委は熊本市であり、河川工学や動植物学の専門家ら8人が出席。流量や水質、動植物などの継続的な調査を踏まえ、「ダムができる前の流れが戻りつつある」と確認した。

 荒瀬ダムは、全国初の本格的なダム撤去として2012年に工事を開始。17年度は管理所や発電所を解体し、撤去工事を完了する予定。事業費は総額88億円。(太路秀紀)


◆荒瀬ダムの一部遺構に 県が方針
(読売新聞熊本版2017年06月02日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20170601-OYTNT50184.html

 県企業局は1日、撤去工事が進む県営荒瀬ダム(八代市)について、ダム本体の一部を遺構として残す方針を明らかにした。地元から「ダムの功績を後世に伝えてほしい」と要望があったためで、今後ダムがあった球磨川を管理する国土交通省と保存に向けた協議を行う。

工事は2012年度から今年度までの6年間の予定で、本格的なコンクリートダムの撤去は全国初とされる。川をせき止めていたダム本体はほとんどが解体されている。

 保存を計画しているのは、球磨川の東側を通る県道から川にせり出すように残る長さ約10メートル、高さ約25メートル部分。普段は川の水に接しておらず、増水時も流れを阻害しないという。対岸の国道219号沿いには遺構を望むスペースを整備し、ダムの歴史を紹介する看板を設置する。

 県企業局は「荒瀬ダムは、県の産業基盤として重要な役割を担っていた。功績を伝える遺構にしたい」としている。


追記を閉じる▲

【2017/06/04 02:37】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |
         嶋津 暉之

米国のダム撤去についての記事です。
日本で撤去工事が進められているのは、熊本県・球磨川の荒瀬ダムだけです。
残念ながら、荒瀬ダムに続くダム撤去の話がありません。

環境
米国西部でダム3基撤去へ、自然再生めざす
生態系にもたらす恩恵が大きいダムを優先
NATIONAL GEOGRAPHIC2016.12.02
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/120100019/

 米国ワシントン州の中南部に住む先住民ヤカマ族は、あと10年もすれば、昔のように伝統のサケ漁ができるようになるはずだ。

 ただしそのためにはまず、ネルソン・ダムを撤去しなければならない。ネルソン・ダムは、ヤキマ川最大の支流ナチェズ川にある高さ2.4メートルの分水ダム。1920年代に建設されたが、現在は使われていない。ところがこのダムがあるために、サケの遡上が阻まれているという。(参考記事:「ダム撤去でサケは戻るか? アメリカ」)

 ダム撤去を支持する人々は、2020年までに撤去工事を完了したいと願っている。実現すれば、魚や川の栄養分が下流へ運ばれるほか、洪水の危険性も低くなる。

 意外に思えるかもしれないが、ダムがなくなることで川の水量が増し、地域の気候回復力が高まるだろうと、ウィリアム・アンド・フローラ・ヒューレット財団で環境プログラムを取りまとめるマイケル・スコット氏は期待を寄せる。なぜなら、ダム湖に水を貯めたままにしておくと多くが蒸発して量が減ってしまうが、その水を下流へ送ってやれば、天然の帯水層へ水を補給することができるからだ。(参考記事:「干ばつが招く地下水の枯渇」)
【動画】ダムがなくなった川に魚たちが戻ってきた(解説は英語です)。
※リンク先で動画が見られます

 ネルソン・ダム撤去計画は、ヤカマ族と地元自治体、州政府、連邦政府の共同事業だ。ヒューレット財団が支援する3つのテストケースのひとつであり、ダム撤去への寄付金としては最高額となる5000万ドルを提供する。

 財団としては、ネルソン・ダムのように、撤去することで生態系にもたらす恩恵が大きいダムを最優先にしたいとスコット氏は言う。また、ダムが「無用の長物」と化していることも条件だという。つまり、既にダムとしての役割を終え、かえって周辺環境へ害を及ぼす恐れのあるダムを対象とする。

 このようなダムは、全米で1万4000基以上存在する。2020年までに、70%以上の米国のダムが築50年を超え、その多くが撤去候補となりうる。実際、ダム撤去の動きは広がり、現在も年間数十基が取り壊されている。問題は工事に莫大な費用がかかることだが、一方で古いダムを維持し、新しい基準に合わせて改修工事をするにもやはり巨額の費用が必要だ。(参考記事:「米国に広がるダム撤去の動き」)

 これは、ただダムを取り壊すというだけの話ではないと、ヤカマ族の天然資源問題担当のフィリップ・リグドン氏は言う。環境と地域社会に最大限の恩恵をもたらすには、例えば当地のヤキマ盆地30年計画のように、より大きな環境再生計画の一環として撤去作業を進めるべきだという考えだ。ヤカマ族は1960年代、連邦政府との合意で、地域に生息する魚の半分を捕獲する権利を得たが、魚自体が存在しなければ、権利だけを所有していても何の意味もないことに気付いた。
 そこで政府や非営利団体と協力して、2011年には築100年近い高さ38メートルのコンディット・ダムを撤去した。それからわずか数カ月で、川にはニジマスが戻ってきたという。
(写真)魚の生息地を取り戻すために撤去されたオレゴン州ローグ川のサベージ・ラピッズ・ダム。同じく、ローグ川にある他のダムも間もなく取り壊される。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
映画にもなったマティリヤ・ダムの例

 もうひとつ、ヒューレット財団の支援で近いうちに取り壊しが予定されているダムが、カリフォルニア州ベンチュラ郡にある高さ51メートルのマティリヤ・ダムである。「ダムネーション」というドキュメンタリー映画で取り上げられ、巨大なハサミでダムの壁をふたつに切ろうとしている落書きが登場する。ベンチュラ川の支流に1947年に建設されたが、大量の泥が沈殿し、そもそもの目的である農業用水の確保がもはやできなくなっている。


追記を閉じる▲

【2016/12/03 15:23】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |
                嶋津 暉之

川上ダムの予定地である三重県伊賀市で、「ダムネーション」の上映会が5月21日に開かれます。
川上ダムは伊賀市民に重い経済負担を強いる有害無益なダムです。
ダム見直しの声が大きく広がることを期待します。

◆米ドキュメンタリー映画「ダムネーション」 ダム、役立っている? 伊賀で21日上映 /三重
(毎日新聞伊賀版2016年5月16日 )
http://mainichi.jp/articles/20160516/ddl/k24/040/197000c

ダムは役に立っているのか。一つ一つ調べ不要なダムは撤去し、元に戻せばいい??こんなメッセージを伝える米国のドキュメンタリー映画「ダムネーション」の上映会が21日、伊賀市である。

市では淀川水系の木津川上流で2022年度完成予定の川上ダム建設計画が進む。実行委は「ダムについて考えるきっかけにしてほしい」と来場を呼びかけている。
映画はアウトドア用品メーカーのパタゴニア提供で2014年の作品。上映時間87分。

「ダム撤去は現実的でない」と語ったダムを開発する側の声を収録する一方、「ダムや発電は国策だった。しかし度を超した」と撤去を実現していく、川に情熱を傾けた人々の活動を追う。

グラインズキャニオンダムやマチリヤダムなど米国のダムを次々と取り上げ、ダム撤去が現実的になった現在と再生された川を映し出す。

上映は、愛農学園農業高校の同窓会館(別府)で午前10時から、ゆめぽりすセンター(ゆめが丘1)で午後2時からと午後7時からの合わせて3回を計画している。参加費500円(高校生以下無料)。

問い合わせは実行委(070・1466・6917、午前9時?午後7時)。【大西康裕】
〔伊賀版〕

【2016/05/17 07:56】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |