「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
9月1日「八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会」の総会が開かれました。

◆八ツ場検証作業 やり直し要請へ
(朝日新聞群馬版 2011年09月02日)
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000581109020001

八ツ場ダム(長野原町)の建設見直しを求めている「八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会」の総会が1日、東京・永田町の衆議院第二議員会館であった。

新しい国土交通相に対し、検証作業の抜本的なやり直しを求める要請書を提出することを決めた。

会は県内のほか、下流域も含めた民主、共産、社民党系などの都県議約50人でつくる。

ダム建設について国は、今秋に検証結果を出すとしているが、要請書では「検証は、過大な水需要予測を認め、富士川から導水するなど荒唐無稽な代替案と比較する茶番劇」と主張している。
(一部引用)


☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2011/09/02 20:05】 | 一都五県議会議員の会
トラックバック(0) |
                嶋津 暉之

22日、「八ッ場ダムを考える一都五県議会議員の会」が国土交通省の津川祥吾大臣政務官に面会して、こちらの「八ッ場ダム事業の科学的・客観的な検証を求める要望書」を提出しました。

都県議会議員は都議の花輪ともふみさん、田の上いくこさん、たぞえ民夫さん、千葉県議の大野博美さん、吉川ひろしさん、湯浅和子さんで、群馬県議の角倉那良さんは群馬県庁記者クラブの記者レクを担当しました。

同行の国会議員は大河原雅子参議員、初鹿明博衆議員、三宅雪子衆議員でした。

都県議の要請に対して津川政務官は、検証の過程をオープンにして誰も納得できるように進めたいと答えていました。


◆八ッ場ダム 「事業検証 科学的に」
(東京新聞群馬版 2010年12月23日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20101223/CK2010122302000062.html

 八ッ場(やんば)ダム建設の見直しを求める「一都五県議会議員の会」(代表世話人・関口茂樹県議)は二十二日、国土交通省で津川祥吾政務官と面会し、ダム建設の是非に関する国の検証作業について「八ッ場ダム事業の科学的・客観的な検証を求める要望書」を馬淵澄夫国交相らあてに提出した。 (川口晋介)

 要望書では、検証の手順などを定めた実施要項や、十一月の会合で従来通りの予定利水量を前提として検証する方向が示されたことを批判。これまでの各種数値は建設を前提としたものだとし、ゼロベースからデータを積み上げて、科学的な解析を行うことを求めた。

 その上で、利水面では、過大な需要の見直し▽現行の不合理な利水権許可制度の改善策提示。治水面では、基本高水水量の科学的見直し▽治水効果を科学的に計算し、過大評価を行わない-などの必要性を指摘した。


◆「科学的検証を」 国交省に要請書 八ッ場見直し1都5県議の会
(2010年12月23日 上毛新聞)

 八ッ場ダム建設の見直しを訴えている「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」は22日、同ダム建設の是非を決める検証作業について「科学的・客観的な検証」を求める要請書を国土交通省に提出した。
 要請書は、ダム事業者である国交省関東地方整備局を主体に検証が
進められる点について「建設が妥当という結果が出るように形だけの検証が進められてしまう」と懸念を示している。
 その上で①ダム計画に参画している関係都県の「過大」な水需要予測の是正②現在の不合理」な水利権許可制度の見直し③利根川で起こり得る最大規模の洪水流量「基本高水流量」の見直しとの連動ーなど6項目を踏まえた検証を求めている。


◆八ツ場ダムは科学的検証を 流域6都県議員が要請

(2010年12月23日 産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101222/plc1012221427015-n1.htm

 八ツ場ダム建設事業の見直しを求める「1都5県議会議員の会」は22日、ダム建設の是非に関する国の検証作業について、最新の数値を用いた科学的で客観的な検証の実施を求める要請書を国土交通省に提出した。 検証の主体となる関東地方整備局は八ツ場ダム事業を推進してきた経緯があり、今回も事業継続が妥当という結果が出るように「形だけの検証が進められてしまう」と懸念を表明。過大な水需要予測の是正や、最大流量(基本高水)の科学的見直しなどを求めた。 国は10月から八ツ場ダムの検証を始めており、来秋に結論を出す方針。


◆八ッ場ダム・流転の行方:科学的・客観的検証、
 議員の会が要請--国交相あて /群馬

(2010年12月23日 毎日新聞群馬版)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20101223ddlk10010121000c.html

 八ッ場ダム建設の見直しを求めている「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」は22日、馬淵澄夫国土交通相あてに、ダム事業の科学的・客観的な検証を求める要請書を提出した。
(一部引用)



★こちらもどうぞご覧下さい

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2010/12/24 01:42】 | 一都五県議会議員の会
トラックバック(0) |