「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

地方自治が専門でダム問題にも詳しい相川俊英さんの新著「地方議会を再生する」が集英社から出版されました。
読み始めたばかりですが、大変読みやすく、議会改革のポイントがよくわかる好著だと思います。
是非、皆様もお読みいただき、周りの方にも勧めていただければと思います。



【2017/03/23 08:20】 | お知らせ
トラックバック(0) |
*日時 2017年3月11日(土)  開場 13:15  総会と講演 13:30~16:00
*会場 浦和コミュニティセンター 第10集会室(浦和パルコ上階の10階)
*参加費 無料
  講演 嶋津暉之さん
  「八ッ場ダム裁判で明らかになったこと、これからも続く私たちの闘い―河川行政の変革を求めて」
  埼玉の会の総会
  参加者によるディカッション「埼玉の会の今後の取り組み」

【2017/03/11 00:59】 | お知らせ
トラックバック(0) |
八ッ場あしたの会11回記念講演会のお知らせです。
永年地方自治の現場を取材してきたジャーナリストの相川俊英さんをお招きして、ダム問題の視点から地方自治についてお話ししていただきます。

2017年2月5日(日)  午後1時半~3時半(開場1時15分)
浦和コミュニティセンター 第15集会室
JR線 浦和駅東口 駅前 浦和PARCO コムナーレ9階
相川 俊英 氏(ジャーナリスト)講演
「地方が変わらない限り、変革はありえない」


※画像をクリックするとPDFが開きます
2017-01-05_23h22_50.jpg



2017-01-05_23h23_52.jpg


追記を閉じる▲

【2017/02/05 23:48】 | お知らせ
トラックバック(0) |
2016年11月26日(土)午後1時30分~4時30分
取手市福祉福祉会館2F小ホール
【講演】
「八ッ場ダム問題の現状と今後 河川行政の変革を求める私たち闘い」
嶋 津 暉 之氏(水源開発問題全国連絡会共同代表)
【報 告】
「常総水害と被者の会活動」
染谷修司 氏(常総水害被者の会共同代表世話人 )
2016-11-22_23h58_11.jpg

【2016/11/23 00:02】 | お知らせ
トラックバック(0) |
◆八ッ場ダム予定地の見学参加者を募集 13日、市民団体主催
(東京新聞群馬版2016年11月1日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201611/CK2016110102000159.html

昨年から本体工事が進む八ッ場ダム(長野原町)予定地の見学会が十三日に開かれる。
ダム建設に反対する市民団体「八ッ場あしたの会」の主催で、水没予定地を中心に回る。
同会は「今後のダム事業の行方を考える上で参考にしてほしい」と参加を呼びかけている。

ダムは二〇一九年度に完成する予定。見学会は同日午後零時半~午後四時半。JR吾妻線の「川原湯温泉」駅前に集合し、マイクロバスで水没予定地や住民の移転代替地などを巡る。
ダム湖周辺の安全対策や代替地の整備費用などの問題点を解説する。
参加費は二千五百円。事前申し込みが必要で、問い合わせは八ッ場あしたの会=電090(4612)7073=へ。 (川田篤志)

【2016/11/01 20:47】 | お知らせ
トラックバック(0) |