「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

一昨日、八ッ場ダムの定礎式が行わました。
定礎式は工事の一つの段階を示すものではなく、単なる儀式でしかありません。

群馬)八ツ場ダム定礎式 知事「生活再建オール群馬で」
(朝日新聞群馬版2017年3月5日)
http://digital.asahi.com/articles/ASK344JT5K34UHNB003.html

 2019年度の完成をめざして国が建設中の八ツ場ダムの定礎式が4日、長野原町であった。大沢正明知事ら約250人が出席し、大詰めを迎える工事の安全を祈願した。国土交通省によると、作業日程は「ほぼ予定通り」で、吾妻川をせき止める堤体が徐々に姿を現しつつある。

 式典は工事現場を望む高台であり、大沢知事は「地元住民が安心して暮らせるよう、生活再建と観光誘客にオール群馬で取り組む」とあいさつ。長野原町の萩原睦男町長は「水没地区住民の苦渋の決断を忘れず、国・県・町が一致団結して安心・安全の町づくりを進めたい」と語った。
 流域6都県の関係者が見守るなか、堤体に重さ150キロの黒御影石の礎石が据えられた。

 ダム計画浮上のきっかけとなったカスリーン台風被害から、今年でちょうど70年。国は昨年までに水没予定地区にある全世帯と移転契約を結び、工事も山場を迎えている。昨年6月からはコンクリートを型枠に流し込んで堤体(完成時の高さ116メートル、最上部の幅291メートル)などを造る「打設」と呼ばれる工程に入った。

 国交省八ツ場ダム工事事務所によると、堤体は基底部から10メートル余りの高さまで建設が進み、計画では来年5月には巨大なダムが姿を現す。その後、水門設備の据え付け、試験湛水(たんすい)などを経て、19年度中に完成する予定だ。

 2年前の起工式では建設に反対する市民団体が周辺で抗議の声をあげたが、今回は目立った動きはなかった。

計画の見直しを求めてきた水問題研究家の嶋津暉之さんは「八ツ場ダムは利水・治水に不要であるばかりか、地滑り被害などの不安も抱えている。事業費もさらに増額されるだろう。こうした問題点を粘り強く訴えていきたい」と話している。
(土屋弘)

 〈八ツ場ダム〉 利根川の堤防が決壊して約1100人が死亡した1947年のカスリーン台風を受け、52年に計画が浮上した。総貯水容量は東京ドーム87杯分に相当する約1億750万立方メートル。国の基本計画は5回変更され、完成予定は2000年度から19年度にずれ込んだ。総事業費も、生活再建費用や人件費・資材費の増額などで当初の2110億円から日本のダムでは最大の5320億円に膨らんだ。水没予定地区などの移転対象470世帯のうち、昨年12月までに468世帯が転居している。


◆工事本格化の八ッ場ダム定礎式
(NHK 2017年03月04日 13時48分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1066054541.html?t=1488643600448

群馬県の八ッ場ダムで、4日、ダムの本体工事が本格的に始まることを記念した式典が開かれました。

群馬県長野原町の八ッ場ダムは、おととし1月からダムの本体工事が始まっていて、総事業費5320億円をかけて、平成31年度の完成を目指しています。

4日は本体工事が、本格化することを記念して定礎式が開かれ、国や、ダムの水を利用する群馬県など関東の1都5県の関係者などが出席しました。

式典では、出席者が礎石をモルタルで固定したり、モニターで、ダムの堤にコンクリートを流し込む作業を見守ったりして、工事やダムの安全を願っていました。

地元の群馬県では、工事で移転した住民の生活再建のため、今後、生活道路の整備などを本格化する方針です。

群馬県の大沢正明知事は「ダム工事の一時中断で不安の中で過ごした時期もあった。今後、住民の生活再建にしっかり取り組みたい」と話しています。


追記を閉じる▲
 流域6都県の関係者が見守るなか、堤体に重さ150キロの黒御影石の礎石が据えられた。

 ダム計画浮上のきっかけとなったカスリーン台風被害から、今年でちょうど70年。国は昨年までに水没予定地区にある全世帯と移転契約を結び、工事も山場を迎えている。昨年6月からはコンクリートを型枠に流し込んで堤体(完成時の高さ116メートル、最上部の幅291メートル)などを造る「打設」と呼ばれる工程に入った。

 国交省八ツ場ダム工事事務所によると、堤体は基底部から10メートル余りの高さまで建設が進み、計画では来年5月には巨大なダムが姿を現す。その後、水門設備の据え付け、試験湛水(たんすい)などを経て、19年度中に完成する予定だ。

 2年前の起工式では建設に反対する市民団体が周辺で抗議の声をあげたが、今回は目立った動きはなかった。

計画の見直しを求めてきた水問題研究家の嶋津暉之さんは「八ツ場ダムは利水・治水に不要であるばかりか、地滑り被害などの不安も抱えている。事業費もさらに増額されるだろう。こうした問題点を粘り強く訴えていきたい」と話している。
(土屋弘)

 〈八ツ場ダム〉 利根川の堤防が決壊して約1100人が死亡した1947年のカスリーン台風を受け、52年に計画が浮上した。総貯水容量は東京ドーム87杯分に相当する約1億750万立方メートル。国の基本計画は5回変更され、完成予定は2000年度から19年度にずれ込んだ。総事業費も、生活再建費用や人件費・資材費の増額などで当初の2110億円から日本のダムでは最大の5320億円に膨らんだ。水没予定地区などの移転対象470世帯のうち、昨年12月までに468世帯が転居している。


◆工事本格化の八ッ場ダム定礎式
(NHK 2017年03月04日 13時48分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1066054541.html?t=1488643600448

群馬県の八ッ場ダムで、4日、ダムの本体工事が本格的に始まることを記念した式典が開かれました。

群馬県長野原町の八ッ場ダムは、おととし1月からダムの本体工事が始まっていて、総事業費5320億円をかけて、平成31年度の完成を目指しています。

4日は本体工事が、本格化することを記念して定礎式が開かれ、国や、ダムの水を利用する群馬県など関東の1都5県の関係者などが出席しました。

式典では、出席者が礎石をモルタルで固定したり、モニターで、ダムの堤にコンクリートを流し込む作業を見守ったりして、工事やダムの安全を願っていました。

地元の群馬県では、工事で移転した住民の生活再建のため、今後、生活道路の整備などを本格化する方針です。

群馬県の大沢正明知事は「ダム工事の一時中断で不安の中で過ごした時期もあった。今後、住民の生活再建にしっかり取り組みたい」と話しています。

【2017/03/06 00:41】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |


堀口敏道
定礎式知りませんでした、昨年7月基礎岩盤のコンクリート許せないと思って現場を見学させていただきました。後々の人たちにこんなもの造らなければよかったのにとかならず言われるものです。今でも八ッ場も辺野古もリニアも造らせない!で貫いていきます。皆さん発信しましょう。今ですよ!既成事実を造ろうとするそこには矛盾が生まれてきます。森本学園がそうでした。



八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会
八ッ場も辺野古もリニアも造らせない!
税金を使って不要なものを作らせるのを止めましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
定礎式知りませんでした、昨年7月基礎岩盤のコンクリート許せないと思って現場を見学させていただきました。後々の人たちにこんなもの造らなければよかったのにとかならず言われるものです。今でも八ッ場も辺野古もリニアも造らせない!で貫いていきます。皆さん発信しましょう。今ですよ!既成事実を造ろうとするそこには矛盾が生まれてきます。森本学園がそうでした。
2017/03/11(Sat) 22:55 | URL  | 堀口敏道 #-[ 編集]
八ッ場も辺野古もリニアも造らせない!
税金を使って不要なものを作らせるのを止めましょう。
2017/03/11(Sat) 23:03 | URL  | 八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会 #H6hNXAII[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック